『ガンダムSEED DESTINY』合体機構を再現したRGフォースインパルスガンダムが登場

1月21日(火)19時17分 マイナビニュース

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』より主人公「シン・アスカ」が物語の前半に搭乗したフォースインパルスガンダムが、バンダイスピリッツのガンプラ「RG」シリーズに登場。「RG 1/144 フォースインパルスガンダム」(3,300円/税込)として、2020年4月に発売される。

「RG 1/144 フォースインパルスガンダム」は、コアスプレンダー、チェストフライヤー、レッグフライヤー、フォースシルエットの合体でMS形態となる機構を再現。コアスプレンダー及び胴体にインサート成形が施されたアドバンスドMSジョイントが採用されている。内部フレーム、ボディフレームは組み上がった状態でランナーから切り離すことができ、精密なディテールと変形・可動ギミックを実現した。

パーツ分割により色再現も向上し、隣接したアーマーの微細な色分けまで精密に表現。RGならではの実機考証として、フォースシルエットを「航空機」として捉え、ギミック、ディテール、質感を演出している。ウイングは後方へ折りたたみ可能に。前腕部には、肘とは別軸でひねりが可能な構造を搭載。肩アーマーが独立して回転し、パーツ干渉を軽減している。

腰部のパーツがブロックごとに可動することで、可動域を大幅確保。脚の動きと連動して膝アーマーが可動する。ビームライフル、シールド、ナイフ、ビームサーベルに加えて、握り手、平手、武器持ち手など左右各4種のハンドパーツがオプションとして付属。

(C)創通・サンライズ

マイナビニュース

「ガンダム」をもっと詳しく

「ガンダム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ