注目ワードジャニーズ事務所・デビュー 小室哲哉・安室奈美恵 慰安婦・韓国 浅野ゆう子・結婚 ファッション・モデル 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

リュ・スンリョン『7号室のプレゼント』必ず見なければならない3つの理由

Mnet動画1月21日(月)13時37分
韓国版『ライフ・イズ・ビューティフル』が胸を濡らすか。でなければ父親版『ハーモニー』が観客を泣かせるか。映画『7号室のプレゼント(原題)』は様々な面で好奇心をそそる映画だ。

特に忠武路(チュンムロ)ヒットキング、リュ・スンリョンの衝撃的(?)演技変身は観客たちの関心を集めるのに十分な話題だ。14日、メディア試写を通じてベールを脱いだ『7号室のプレゼント』プレビューでこれまでの気になったことをひとつずつ解き明かしてみた。

? この映画のストーリーは...

悔しい濡れ衣を着せられ刑務所に入れられた7歳児の知能を持つ親ばかのヨング(リュ・スンリョン)。彼が最悪の凶悪犯たちが集まる7号室に入所して事件が頻発する。娘イェスンと一緒に過ごしたいパパのヨング。この父娘に想い出を作ってあげたいこわもてのオジサンたちのドタバタヒューマンストーリーが描かれている。

? 『7号室のプレゼント』 必ず見なければならない理由は...

刺激的な素材が主流になっている映画界で『7号室のプレゼント』は本当の意味での家族ヒューマンドラマだ。何よりも父娘間の温かい愛情を通じて家族愛が何なのかをよく見せてくれたとの評だ。

家族映画『7号室のプレゼント』が持つ一番大きな魅力は3つだ。まずこれ以上説明する必要のない一流俳優たちの一流の演技は『7号室のプレゼント』を導いて行く一番大きな力であり、魅力だ。

主演リュ・スンリョンがしっかりとした演技力と千の顔で映画を引っ張って行くなか、オ・ダルス、パク・ウォンサン、チョン・マンソク、キム・キチョンら忠武路の我こそはという俳優たちの重厚な演技が絶え間なく観客たちを笑わせ、泣かせる。

特にリュ・スンリョンは7歳児知能のイ・ヨングという役をオーバーでもなく、かといって足りなくもなく投影しきったとの評だ。役になりきるため知的障害児童と出会い、清らかな明るい姿を体得し、数字を記憶する子供の姿を見てアイデアを出した。そして何よりも「同じ病気を持っている家族が見ても恥ずかしかったり、誇張されないように演技したい」という彼の願いがスクリーン上にそのまま描かれた。

『家族、そしてヒーリング』というテーマはこの映画を導いて行くまた他の魅力だ。7歳の知能だが、娘に対する心苦しいまでの父性だけは誰にも負けない父親と、そういう父親を甲斐甲斐しく世話し、哀れに見つめる娘の姿は観客たちの涙腺を刺激する。

そういう面から『7号室のプレゼント』は刑務所という空間で息子に対する無限の愛を笑いで表現した『ライフ・イズ・ビューティフル』と、刑務所という極限の状況で娘を見つめるしかなかった『ハーモニー』の母性愛と似通っている。
「映画を観て必ず愛する誰かに電話を一本かけてくれたら嬉しい」というイ・ファンギョン監督の事が軽く聞こえない理由だ。

『コメディー』は『7号室のプレゼント』のキーワードだ。悔しい濡れ衣を着せられた父。そしてその父に対する憐れみと恨みを持つ娘。重くなりがちなテーマをイ・ファンギョン監督は笑いというコードで表現した。

「1961年1月18日に生まれたんだよ!帝王切開でママは痛かったって、僕の頭が大きくて」という自己紹介だけでも笑えるヨングと文盲ソ・ヨンホ(オ・ダルス)のハングル勉強記、婦女暴行犯カン・マンボム(キム・ジョンテ)の熟練したコメディー演技が127分間観客たちに飽きる隙を与えない。


? この映画の残念な点は...
俳優たちの演技力、しっかりとしたシナリオそして感動と笑いまで『7号室のプレゼント』は様々な意味で実にいい映画だ。しかし感動を最大限引き出すため頻繁に登場する涙のシーンは観客たちに『新派』という印象を与えられなくした。特に童話的想像力に基づいた気球シーンなど非現実的だったとの評だ。

? 1行要約、総合評点

家族と観る-100点、恋人と観る-80点、1人で観る-70点。一緒に観れば観る程意味がある映画。★★★☆☆ 1月24日封切

写真=映画『7号室のプレゼント』スチールカット

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved.

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

Mnet動画
注目ニュース
小室哲哉 妻・KEIKO介護の陰で看護師との裏切り行為 文春オンライン1月17日(水)16時0分
インタビューに応じる小室©文藝春秋90年代のJ-POPシーンを創り上げた音楽プロデューサー・小室哲哉(59)。TRF、安室奈美恵、華原朋美…[ 記事全文 ]
浅野ゆう子 結婚決断の陰にあった故・田宮五郎さんの“遺言” 女性自身1月17日(水)11時0分
1月11日、浅野ゆう子(57)が公式サイトで結婚を発表した。お相手は同世代の一般人男性。交際に発展したのは最近だというが、昨年末にゴールイ…[ 記事全文 ]
広瀬アリス、すず姉妹が兄逮捕にツイッターで謝罪 日刊スポーツ1月17日(水)14時41分
広瀬アリス(23)と妹のすず(19)の姉妹が17日、そろってツイッターを更新し、実兄の無職大石晃也容疑者(24=静岡市)が15日に道交法違…[ 記事全文 ]
既婚者に騙され文春砲に…指原莉乃の「今年の恋愛運」が酷すぎた! アサジョ1月17日(水)10時15分
絶望的な占い結果に本人はショックを受けたようだ。HKT48の指原莉乃が、9日放送のインターネット番組「指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男…[ 記事全文 ]
向井理 ドS男熱演に「闇が深い」「もはやホラー」と反響続々 女性自身1月17日(水)16時0分
1月16日から放送がスタートしたドラマ「きみが心に棲みついた」(TBS系)で、向井理が見せた「ドS演技」が話題を呼んでいる。向井が演じるの…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア