新田真剣佑「人が多い所が苦手」 鶴瓶の顔を見ると安心?

1月21日(月)15時0分 オリコン

『ザ!世界仰天ニュース』に出演する新田真剣佑(前列左)(C)日本テレビ

写真を拡大

 俳優の新田真剣佑が、22日放送の日本テレビ系『ザ!世界仰天ニュース』(毎週火曜 後9:00)に出演。『恐ろしい心の病 恐怖症スペシャル』と題した今回、スタジオに登場した新田は、言いづらそうに「人が多い所が苦手ですね」と告白。この日の収録でも大勢の観客を前にしており、「きょう大丈夫?」とMCの中居正広が心配すると「はい…」と苦笑。客席と目線が合わせられないとそわそわする新田に同じくMCの笑福亭鶴瓶が「ずっとオレばっかり見てる(笑)」とツッコむと、新田は鶴瓶を見ると「すごい安心するんです」と笑顔を見せて笑いを誘う。

 また、ゲストの高杉真宙は少し潔癖症だそうで「つり革とか、昔はトイレのドアも無理で、エレベーターのボタンもちょっと…」と触るのが苦手なものを明かし、なるだけ意識しないようにしているという対処法を語る。おぎやはぎ・小木博明は着ぐるみが苦手で、「誰かに委ねないと脱げない状況って考えた瞬間、汗が出て具合が悪くなる」と話す。小木と同じく閉所が苦手という矢作兼は、子どもの頃のかくれんぼでの体験を振り返る。

 ともに22歳、イケメンかつ若い新田と高杉を羨む男性陣のなか、矢作は「今カッコイイけどね、60歳すぎたら鶴瓶師匠みたいな顔になっちゃう」とチクリ。すさかず鶴瓶が「お前もたいがい(老けて)きてる」と中居の顔を見つめると「五木(ひろし)さんのマネしたら、だんだん似てきてるから。よう似てんで〜」とナゾの無茶ぶり。「五木さんのマネはしたことない!」と戸惑う中居だったが、突然の顔マネを披露し、スタジオを沸かせる。

 VTRでは、葬儀や会議中など、笑ってはいけない場面で笑いが止まらなくなってしまう『失笑恐怖症』や、人と外食することが怖くなり、会食中に吐き気をもよおすなどの症状が出る『会食恐怖症』について紹介。また、おならが止まらず、我慢すれば激しい腹痛を引き起こしてしまう病に苦しむ女性の体験談も登場する。

オリコン

「新田真剣佑」をもっと詳しく

「新田真剣佑」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ