加藤シゲアキ『オルタネート』が「2021年本屋大賞」にノミネート!「作家活動を続けてこられたのは、書店員の方の応援のおかげ」

1月21日(木)12時40分 Rooftop


unnamed.jpg
(C)新潮社

昨年11月に新潮社より発売された、 加藤シゲアキの最新長編『オルタネート』が、 「2021年本屋大賞」ノミネート作品となることが決定。 大賞の発表は4月の上旬を予定。

加藤といえば、 2012年1月に『ピンクとグレー』(KADOKAWA)で、 小説の世界に鮮烈なデビューを果たすと、 以降、 「NEWS」メンバーとしての芸能活動の傍ら、 作家としても活動を続け、 数々の話題作を世に送り出してきた。

そんな加藤の3年ぶりの新作長編となる『オルタネート』は刊行直後から話題を呼び、 発売から5日目にして緊急重版する事態に。 そして昨年12月18日、 本作が第164回直木賞にノミネートされたことが発表されると、 あらゆるメディアからの取材が殺到し、 1月5日に累計10万部(5刷)のベストセラーを記録。

加藤自身、 「本屋大賞」へのノミネートは初。 また、 アイドルが「本屋大賞」にノミネートされるのも今回が初めて。 直木賞ノミネートに続く歴史的な快挙。 なお、 これを受けて小社では3万部の増刷を決定。 発売約2ヶ月にして累計13万部( 6刷)。 2021年本屋大賞受賞作品は、 全国の書店員による2次投票で決定。 投票結果は4月上旬に発表される予定。

恩田陸氏(作家)、 岩井俊二氏、 瀧井朝世氏(ライター)、 吉田大助氏(書評家)をはじめ、 書店員による100を超える推薦コメントの数々が『オルタネート』公式サイトに掲載されいる。

加藤シゲアキ コメント

直木賞に続いて本屋大賞にノミネートされたこと、 心から光栄に思います。 ここまで作家活動を続けてこられたのは、 書店員の方の応援のおかげでもあると常々思っておりますし、 その原動力もデビュー作で書店周りをした際にとある書店員の方から言われた「書き続けてください」という言葉であります。 ですので本賞に選ばれたこと、 すなわち書店員の方々に選んで頂いたことが何よりも嬉しく、 また新たなモチベーションが生まれたと感じております。

Rooftop

「大賞」をもっと詳しく

「大賞」のニュース

「大賞」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ