宝田明 長谷川一夫から「演技とは重心の移動だ」と言われた

1月21日(水)7時0分 NEWSポストセブン

 東宝ニューフェース第6期生として役者人生をスタートした宝田明は、映画スターとしてだけでなく舞台でも活躍し、日本のミュージカル俳優の草分け的存在でもある。舞台俳優として駆け出しのころ、トップスターだった長谷川一夫から伝えられたことを宝田が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる連載『役者は言葉でてきている』からお届けする。


 * * *

 東宝は映画と舞台の大劇場をいくつも有しており、宝田明はその両方で活躍している。宝田が舞台に立ち始めた1960年代初頭、トップスターに君臨していたのが長谷川一夫だった。


「長谷川さんには『演技とは重心の移動だ』と言われました。長谷川さんの重心の移動を拝見していると、本当に綺麗なんです。人間の動きって、芝居となるとどうしても、とってつけたように変な動きになる。普段は何気なくやっている『止まって振り返る』という動きも、いざ芝居となると、手も足も切りたくなるくらい邪魔になるんです。長谷川さんは御自分が実際に動いてお手本を見せてくださるので、ご一緒すると勉強になるんですよ。


 山田五十鈴さんも、長谷川さんから全て教わっているんです。長谷川さんはあまり背が高くないので、山田さんは自分を大きく見せないようにするため、並列に並ばないで少し下がるんです。そして着物の中で足をクッと曲げる。そうすると京人形みたいに色っぽくなるんですよ。初めての女優さんには『あなた、ちょっと後ろにお下がり』って言うこともありました。我々の動きに関しても同じです。ですから、大変勉強になりましたね」


 一方、東宝の映画スターには「社長シリーズ」などの喜劇映画に主演してきた森繁久彌がいる。宝田とは満州で暮らした者同士という間柄だった。


「お互いに北京語で話せるので、監督の悪口や女優のよからぬことを喋っていましたね。森繁さんは『アドリブが上手い』とよく言われる役者です。たしかに、テストの時は台本に書かれていること以外に絶妙のアドリブを加えて共演者を笑わせることがありますが、本番の時にはやりません。実はアドリブ的に台本のセリフを言っているんです。天下一品でした。『宝田君、アドリブはあまり使うもんじゃないよ』とよく言っていました。


 あの人の洞察力・観察力は凄いものがありました。台本に書かれたセリフは死んだ活字の羅列ですが、その行間を表現するには、それだけのクオリティがその役者自身に必要だと思うんです。森繁さんは、満州から引き揚げてきたりする中で奥歯を噛みしめて生きてきたから、深い洞察を身に付けて人間を冷静に見ることができるようになった。ユーモラスな表現ができるかどうかって、その人の生き様が左右しているように思います。


 それから、『演技の一番の参考書は人間ウォッチングだ。我々は人間を正しく観察するしかない』とも言っていましたね。たしかにそう考えると、楽しいんです。参考書が目の前に山と積まれているわけですから。だから、私もとにかく観察します。


 たとえば、寿司屋で寿司を食べている時、寿司に気が行って、実は作っている人間を見ていなかったりします。そこが普段の役者の心がけですね。役者は、仕事が来てから『二か月待ってください』と頼むわけにはいきません。この肉体一つを使って、即やらなければならない。そのためには、どんどん入れておかなければなりません。普段から人間観察を普通の人よりも心がけておくべきだと思います」


●春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。映画史・時代劇研究家。著書に『天才 勝新太郎』(文春新書)、『あかんやつら〜東映京都撮影所血風録』(文芸春秋刊)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮新書)、『時代劇ベスト100』(光文社新書)ほか。責任編集をつとめた文藝別冊『五社英雄』(河出書房新社)も発売中。


※週刊ポスト2015年1月30日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

宝田明をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ