注目ワードセブン・セブン-イレブン 中村昌也・矢口真里 目薬・おすすめ 暴行・逮捕 オードリー・オードリー春日 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

宝田明 長谷川一夫から「演技とは重心の移動だ」と言われた

NEWSポストセブン1月21日(水)7時0分

 東宝ニューフェース第6期生として役者人生をスタートした宝田明は、映画スターとしてだけでなく舞台でも活躍し、日本のミュージカル俳優の草分け的存在でもある。舞台俳優として駆け出しのころ、トップスターだった長谷川一夫から伝えられたことを宝田が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる連載『役者は言葉でてきている』からお届けする。


 * * *

 東宝は映画と舞台の大劇場をいくつも有しており、宝田明はその両方で活躍している。宝田が舞台に立ち始めた1960年代初頭、トップスターに君臨していたのが長谷川一夫だった。


「長谷川さんには『演技とは重心の移動だ』と言われました。長谷川さんの重心の移動を拝見していると、本当に綺麗なんです。人間の動きって、芝居となるとどうしても、とってつけたように変な動きになる。普段は何気なくやっている『止まって振り返る』という動きも、いざ芝居となると、手も足も切りたくなるくらい邪魔になるんです。長谷川さんは御自分が実際に動いてお手本を見せてくださるので、ご一緒すると勉強になるんですよ。


 山田五十鈴さんも、長谷川さんから全て教わっているんです。長谷川さんはあまり背が高くないので、山田さんは自分を大きく見せないようにするため、並列に並ばないで少し下がるんです。そして着物の中で足をクッと曲げる。そうすると京人形みたいに色っぽくなるんですよ。初めての女優さんには『あなた、ちょっと後ろにお下がり』って言うこともありました。我々の動きに関しても同じです。ですから、大変勉強になりましたね」


 一方、東宝の映画スターには「社長シリーズ」などの喜劇映画に主演してきた森繁久彌がいる。宝田とは満州で暮らした者同士という間柄だった。


「お互いに北京語で話せるので、監督の悪口や女優のよからぬことを喋っていましたね。森繁さんは『アドリブが上手い』とよく言われる役者です。たしかに、テストの時は台本に書かれていること以外に絶妙のアドリブを加えて共演者を笑わせることがありますが、本番の時にはやりません。実はアドリブ的に台本のセリフを言っているんです。天下一品でした。『宝田君、アドリブはあまり使うもんじゃないよ』とよく言っていました。


 あの人の洞察力・観察力は凄いものがありました。台本に書かれたセリフは死んだ活字の羅列ですが、その行間を表現するには、それだけのクオリティがその役者自身に必要だと思うんです。森繁さんは、満州から引き揚げてきたりする中で奥歯を噛みしめて生きてきたから、深い洞察を身に付けて人間を冷静に見ることができるようになった。ユーモラスな表現ができるかどうかって、その人の生き様が左右しているように思います。


 それから、『演技の一番の参考書は人間ウォッチングだ。我々は人間を正しく観察するしかない』とも言っていましたね。たしかにそう考えると、楽しいんです。参考書が目の前に山と積まれているわけですから。だから、私もとにかく観察します。


 たとえば、寿司屋で寿司を食べている時、寿司に気が行って、実は作っている人間を見ていなかったりします。そこが普段の役者の心がけですね。役者は、仕事が来てから『二か月待ってください』と頼むわけにはいきません。この肉体一つを使って、即やらなければならない。そのためには、どんどん入れておかなければなりません。普段から人間観察を普通の人よりも心がけておくべきだと思います」


●春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。映画史・時代劇研究家。著書に『天才 勝新太郎』(文春新書)、『あかんやつら〜東映京都撮影所血風録』(文芸春秋刊)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮新書)、『時代劇ベスト100』(光文社新書)ほか。責任編集をつとめた文藝別冊『五社英雄』(河出書房新社)も発売中。


※週刊ポスト2015年1月30日号

NEWSポストセブン

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

NEWSポストセブン
関連ワード

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「宝田明」をもっと詳しく

注目ニュース
「矢口真里の元ダンナ」中村昌也、目も当てられない惨状と次に選んだお相手! アサ芸プラス9月20日(水)9時58分
「中村昌也」と言われてもピンと来ないかもしれないが、「矢口真里の元ダンナ」と言われれば理解する方も多いだろう。[ 記事全文 ]
95%の人が勘違い…緑内障予防になる正しい目薬の差し方とは? 女性自身9月20日(水)11時0分
年を取ったら誰もが不安になる目の病気。なかでも緑内障は、国内の患者数が約400万人。[ 記事全文 ]
オードリー、椅子破壊事件の「IKEA」と和解 日刊スポーツ9月20日(水)15時24分
お笑いコンビ、オードリーが、過去に“椅子破壊”事件を起こした因縁の家具量販店「IKEA」を訪れ、ストアマネジャーと和解の握手を交わした。[ 記事全文 ]
二宮和也が長澤まさみとの共演で露骨に拒絶! ファンすら「ヤバすぎない?」「子供っぽい」と指摘する不自然な態度 messy9月19日(火)23時0分
9月14日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)に、映画『散歩する侵略者』のPRとして主演の長澤まさみ(30)が登場し、過去に交際報道のあった二…[ 記事全文 ]
「小出恵介さんは私が17歳だと知っていた」少女の告白 文春オンライン9月20日(水)16時0分
今年6月から、17歳の少女と飲酒・淫行に及んだことで無期限謹慎中の俳優・小出恵介(33)。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 「矢口真里の元ダンナ」中村昌也、目も当てられない惨状と次に選んだお相手!アサ芸プラス9月20日(水)9時58分
2 95%の人が勘違い…緑内障予防になる正しい目薬の差し方とは?女性自身9月20日(水)11時0分
3 オードリー、椅子破壊事件の「IKEA」と和解日刊スポーツ9月20日(水)15時24分
4 二宮和也が長澤まさみとの共演で露骨に拒絶! ファンすら「ヤバすぎない?」「子供っぽい」と指摘する不自然な態度messy9月19日(火)23時0分
5 B'z稲葉(52)、テレビでの「豹変」に驚き トーク中「老けた?」→歌「マイナス15歳...」J-CASTニュース9月19日(火)15時53分
6 鈴木砂羽“土下座強要”騒動の影響が…観客語る舞台での異変女性自身9月20日(水)6時0分
7 全てを備えた“奇跡の美少女”竹内愛紗、井上真央主演「明日の約束」でドラマデビュー<プロフィール&コメント>モデルプレス9月20日(水)13時35分
8 本物だった! 浅田真央、Instagram開設を公式から発表ねとらぼ9月20日(水)14時59分
9 本田翼と「初々しいキス」!くりぃむ有田に男性視聴者に全面嫉妬した夜アサ芸プラス9月20日(水)9時59分
10 New 「小出恵介さんは私が17歳だと知っていた」少女の告白文春オンライン9月20日(水)16時0分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア