NGT48暴行事件について元おニャン子・新田恵利に訊いてみた

1月21日(月)7時0分 NEWSポストセブン

大先輩の言葉は届くか

写真を拡大

 新潟県を拠点にするアイドルグループ『NGT48』のメンバー山口真帆(23)への暴行容疑でファンの男2人が逮捕(のちに不起訴)された事件はNHKが第一報を伝え、新潟県知事も「早く事実関係が明らかになって、正常な状態に戻ってほしい」とコメントするなど、“社会問題”として波紋を広げている。


 報道によると、事件現場は山口の住むマンション内。この事実について、「昔も今も変わりませんね……」とうつむく女性がいる。1980年代に一世を風靡した『おニャン子クラブ』の新田恵利(50)だ。“グループアイドルの先輩”である新田が、アイドルとファンの距離感の難しさを語る。


「24時間365日、恐怖に震えていました。電話帳に実家の電話番号が載っていたので一日中電話はなりっぱなしで、家の近くにある駐車場はファンのたまり場になっていました。(渡辺)美奈代は『マンションの屋上にファンが住んでいる』と言っていました」


 新田と家族の留守を狙い、実家に泥棒が入ることもあった。そのたびに、服や写真を盗まれたが、それでも満足できないファンの“魔の手”が及ぶこともあった。


「私が2階の自分の部屋にいる時、誰かが家の壁をよじ登ってくる音がするんです。部屋に入ってきたらどうしようと、恐さでただただ震えるだけでした。これ以降、部屋にいることを悟られないために夜でも電気をつけず、息を潜めて暮らしていました」


 今回の事件では、運営サイドが〈メンバーの1名が、男から道で声をかけられ、(中略)推測出来るような帰宅時間を伝えてしまったことを確認しました〉と、他のメンバーの関与の可能性を説明した。さらに「グループ内に風紀の乱れがあった」という趣旨のコメントもあった。



「アイドルグループは女子校みたいなもので、『おニャン子』でも仲のいい子がいれば、挨拶をするだけの子もいました。私のソロデビューを知ったメンバーがコーラスを歌ってくれない、なんてこともありました。


 まだメンバーがどこまで情報を漏らしていたか分かりませんが、私たちの時代にそんなことはあり得なかった。それがどんなことを導くか、人としてきちんと成長していれば分かることだと思います。いまの若い子は精神的な成熟度のバラつきが目立つ気がします」(新田)


 かつてはこうした少女たちを教育してきた事務所側も、その役割を果たすのが難しくなっている。大手芸能プロ幹部は、「昔はアイドル一人一人を手塩にかけて育ててきましたが、今は人数が増えすぎて管理しきれない」と嘆くばかり。


 NGT48は今後、第三者委員会を設立。事件の全容を解明し、再発防止策を講じることを発表している。新田は“後輩”にこんな言葉を投げかける。


松田聖子さんや中森明菜さんの時代、アイドルは雲の上の存在でしたが、いまのアイドルは、ファンと身近なことが求められています。ファンとの距離を縮めることも大切ですが、無防備な笑顔はリスクも生みます。“自分の身は自分で守る”という覚悟を持ったうえで活動してほしいです」


※週刊ポスト2019年2月1日号

NEWSポストセブン

「暴行」をもっと詳しく

「暴行」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ