セリーヌ・ディオン夫、死の間際まで仕事に指示を

1月21日(木)15時12分 Techinsight

セリーヌ・ディオンの夫、亡くなる日も仕事に熱意

写真を拡大


咽頭がんとの闘いの末、74歳の誕生日直前に死去したレネ・アンジェリル氏。死期を察しながらも前向きだった同氏は、死の当日まで変わりなく仕事をしたという。

長い間がんと闘い、ここしばらくは食事も摂れず妻セリーヌ・ディオンがチューブから送る栄養に頼るしかなかったというレネ・アンジェリル氏。しかし同氏は生きざまを変えることはなく、まさに息を引き取る日まで前向きだったという。このほど一家をよく知る人物は、『People.com』にこう話している。

「いつも通り、(亡くなる日も)仕事をしていました。」

またこの日に、アンジェリル氏はビジネスミーティングを予定していたとのこと。セリーヌにはパフォーマンスに関するアドバイスを与えるなどし、マネージャーとして育て上げた妻を最期の瞬間まで気遣っていたようだ。

しかしアンジェリル氏は死を免れぬこと、また最期が近いことを察し、セリーヌの負担を軽減すべく葬儀プランを立ててから亡くなった。仕事、妻、子供達を愛した同氏の生き方は、最期の瞬間までぶれることはなかった。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

セリーヌ・ディオンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ