米オバマ大統領「娘の卒業式では泣いてしまうだろう」

1月21日(木)13時5分 Techinsight

オバマ大統領、娘の高校卒業を前に寂しさも

写真を拡大


バラク・オバマ大統領(54)が、長女マリアさんのハイスクール卒業につきコメント。「僕は卒業式でのスピーチは行いません」と語った。

このほど、バラク・オバマ大統領がデトロイトにて開催された昼食会に登場。そこでミシェル夫人ともうけた愛娘マリアさんが今年ハイスクールを卒業することに触れ、このように話した。

「僕はただ涙を流し、席に座って過ごすでしょう。」

そのためスピーチは行わないというオバマ大統領は、数日前にはルイジアナ州を訪問。市役所に姿を現し、そこでもマリアさんを話題にして「娘が(進学して)家を出る話はできません。涙が出るから」と語っていた。

ちなみにマリアさんの進学先が気になるところだが、オバマ大統領は娘へのアドバイスを過去にこう振り返っていた。

「大学の名にこだわることはないとアドバイスしました。」
「良いカレッジや大学はたくさんある。有名校だからといって、素晴らしい教育を受けられるとは限らないと伝えたんです。」

マリアさんの卒業と巣立ちを前に、オバマ大統領は誇りと一抹の寂しさを感じている。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

オバマをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ