小室哲哉が浜田雅功と笑う姿 ハマ・オカモトが感慨「素晴らしい楽曲達をありがとうございました」

1月21日(日)4時0分 Techinsight

H Jungle with t『WOW WAR TONIGHT』のジャケ写(画像は『ハマ・オカモト 2018年1月20日付Instagram「素晴らしい楽曲達をどうもありがとうございました。」』のスクリーンショット)

写真を拡大

音楽プロデューサーの小室哲哉が「週刊文春」による不倫疑惑報道を受けて1月19日、エイベックス本社で会見を行い「引退」の意志を明かした。ファンをはじめ音楽業界にも衝撃が走るなか、OKAMOTO’Sのメンバーでベーシストのハマ・オカモトが20日に『ハマ・オカモト hama_okamoto Instagram』で音楽ユニット・H Jungle with tの1stシングル『WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント』(1995年3月15日発売)のジャケット写真を公開した。

彼の父親でもある浜田雅功ダウンタウン)と小室哲哉のコラボによるヒット曲が頭に流れたのだろう。「素晴らしい楽曲達をどうもありがとうございました」と感慨深げにコメントしている。

小室は19日に会見を終えてから、『小室哲哉 tk19581127 Instagram』にて「ご心配お騒がせして申し訳ございません」と改めて会見内容をまとめている。そこにはフォロワーから「30年来のファンです。TMのライヴに何度も行きました。私の青春そのものでした…引退のニュースを聞いてから、頭の中でずっと『ELECTRIC PROPHET』が鳴りやみません」といった声があるように、誰しも“愛すべき小室ナンバー”があるのだ。

さらには「ただのファンですが、小室さんに伝えたい。誰も迷惑と思っていないです!! そして私達は小室さんが決めたことはいつでも受け入れますので、この先もご自身で決めていけるよう願っています」「ゆっくり休んで、また音楽したくなったら楽しい音楽をしてください」「音楽については、今後はYOSHIKIのように寡作でも良いのではないでしょうか?」など様々なコメントが寄せられている。

小室哲哉の会見で、テックインサイトの記者・村上が「これが公の場で語る最後の機会となれば、小室さんの音楽に支えられてきた皆さんが、とても悲しい思いをされるだろう」との趣旨で切り出し「今後、ファンの皆様は小室さんに幸せになって欲しいと願っているはず。幸せに過ごしていこうという気力はお持ちですか?」と問いかけた。

彼は会見で話すエネルギーが精いっぱいで「悔いなし」という言葉は出てこないと答えた後、「僕の曲を聴いて下さる人たちの声はSNSで知ることができるので声を聞きたいと思う。そのなかから答えが出てくるのかな…」と話している。

また「今後もファンとつながる場は期待できるか?」との問いに、「世論によるかなと思う。生き恥さらしてもいいから音楽作れよというような意見の割合がどれほどあるのか、その数字に従いたいかなと漠然と思っています」とも答えており、その時を待ちたい。

画像は『ハマ・オカモト 2018年1月20日付Instagram「素晴らしい楽曲達をどうもありがとうございました。」』のスクリーンショット

Techinsight

「ハマ・オカモト」をもっと詳しく

「ハマ・オカモト」のニュース

BIGLOBE
トップへ