【アニメキャラの魅力】気ままなガッディーノ!おっぱいソムリエ「フランチェスカ・ルッキーニ」の魅力とは?『ストライクウィッチーズ』

1月22日(木)7時35分 キャラペディア

(C)2014 島田フミカネ・KADOKAWA/第501統合戦闘航空団

写真を拡大

 謎の敵ネウロイと戦う魔法少女たち。彼女たちが駆るのは第二次世界大戦期の戦闘機をモデルとした飛行戦闘脚「ストライカーユニット」。テレビアニメ放映から数年、劇場版が公開された後もなおも人気が衰えぬこの作品の最大のポイントは、実在のパイロットをモデルとした個性豊かな少女たちです。「フランチェスカ・ルッキーニ」は作品世界のイタリア南部にあたるロマーニャ公国のウィッチです。


【※一部、ネタバレの内容を含む可能性が御座います。ご注意下さい。】


■猫属性

 ルッキーニがその身に宿す使い魔は黒ヒョウですが、行動はヒョウというより猫そのもの。いつも基地の整備場の梁の上や基地近くの林の木の上で寝ていて、行動は気ままで悪戯好きです。

 所属する部隊・第501統合戦闘航空団の中では一番年下ということで、ある程度のことは笑って許されている部分もあるとはいえ、時にはやりすぎてしまうことも。そんな時はミーナ隊長にこってり叱られてしまいます。怖い物なしのルッキーニもミーナ隊長には頭が上がりません。

■実は天才

 裏設定的なものですが、実はルッキーニは高度な戦闘理論まで修めた天才ウィッチです。普段の行動はある程度は意識的に装っているもの。しかし、最愛のパートナー・シャーリーはその真の姿には気づいていません。とはいえ、それはシャーリーを欺いているというわけではなく、心からシャーリーを信頼し甘えているのもまたルッキーニの本当の姿なのです。

■マーマと祖国への強い愛

 あまり本心を外に出さないルッキーニですが、それでも常に、マーマ(お母さん)と祖国ロマーニャへの愛情だけは溢れでています。幼いルッキーニは、軍に入ってからもマーマ恋しさに抜け出すようなことを繰り返していました。しかし、501に配属されてシャーリーと出会ってからはその淋しさも薄れ、マーマのいる祖国ロマーニャを守りたいという気持ちに転化されます。

 ローマに買い出しに出た時に、偶然お忍びで来ていたロマーニャの公女・マリアと知り合ったルッキーニは、それとは知らずマリアをローマのあちこちに案内して、祖国防衛の強い気持ちを語って聞かせました。

■おっぱいソムリエ

 ルッキーニは501の中では芳佳と並んでおっぱい好き。しかし、わりと見境なく巨乳が好きな芳佳に対して、ルッキーニはある程度の基準をもっておっぱいを評価する「おっぱいソムリエ」です。様々なウィッチの胸を揉んできた中で、彼女の中で最高評価なのはやはりシャーリーのおっぱい。シャーリーといるときはよくおっぱいを枕にしています。

 ルッキーニのようなおてんば娘は、シャーリーのような大らかで包容力のある女性でなければ手に負えません。いずれ一足早くシャーリーのほうが引退するでしょうが、その後も2人の絆を保ち続けてほしいものです。


【原稿作成時期の都合により、内容や表現が古い場合も御座いますがご了承下さい】


★記者:玄Kuro(キャラペディア公式ライター)

(C)2014 島田フミカネ・KADOKAWA/第501統合戦闘航空団

キャラペディア

この記事が気に入ったらいいね!しよう

魅力をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ