【アニメキャラの魅力】見栄を張って何が悪いのかしら?バラ組担任「まつざか梅」の魅力『クレヨンしんちゃん』

1月22日(木)7時32分 キャラペディア

(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK

写真を拡大

 子供にも大人にも大人気の国民的アニメ『クレヨンしんちゃん』。主人公「野原しんのすけ」の通うふたば幼稚園で、バラ組を担任するスタイル抜群の美人先生、それが「まつざか梅」先生です。今回はそんな彼女の魅力について紹介します。


【※一部、ネタバレの内容を含む可能性が御座います。ご注意下さい。】


■自分の名前が大っきらい

 まつざか先生は「梅(うめ)」という可愛いお名前なのですが、実は自分の名前が大嫌いなのです。本名で呼ばれることを頑なに嫌がります。その原因は、あだ名で「梅干し」と呼ばれるせい・・・。ちなみに梅干しも大嫌いです。

 まつざか先生には2人のお姉さんがいます。上から「まつざか松」「まつざか竹」ときて「まつざか梅」。そう、まつざか先生は末っ子で、上から順番に「松竹梅」となっているのです。名前が嫌いなので偽名を使うこともしばしば(笑)。自分の名前は大事にして欲しいですが、そんな彼女の姿はとってもかわいらしいです。

■見栄っ張りです

 六本木育ちと周りには豪語してるまつざか先生。実は・・・実家はしいたけ農家でもちろん東北育ち。田植えが得意で「田植え姫」とよばれるほどの実力です。また、両親と話す時は東北なまりが出てしまいます。そこがまたかわいいのです!

 高級マンションに住んでると言っていますが、かなりのボロアパートで極貧生活をしています。その理由はブランド品の買いあさり・・・。厚化粧で服も派手。ボディコンやハイレグ水着を好んで着て、セクシー路線を目指しています。しかし・・・なぜか彼氏が出来ません(笑)。そこをしんのすけにつっこまれては激怒しているまつざか先生・・・。いつも笑わせてもらっています。

■性格が悪そうですが・・・?

 意外と性格が悪いまつざか先生。ばら組の担任をしていますが、クラスの子供たちを褒め倒し、自慢する事が多いです。一方、しんのすけのいるひまわり組をかなり馬鹿にしています。そしてよしなが先生と喧嘩になるのです・・・。いつもいつも・・・。

 しかし、本当はみんなの事を良く見ているしっかりした先生なのです。子どもたちへの優しい心もちゃんと持っています。当り前ですよね。幼稚園の先生なんですから(笑)。ゆがんだ性格と言われてはいるものの、他の人から幼稚園の事や園児など自分とかかわりのある人の事を悪く言われたりする事は絶対に許しません。相手の頭に水をかけたりするほどです。

 映画では、沖に流された園児を自ら助けに行ったり、園児をかばったりする姿には感動します。女性らしいかわいらしさもあり、男気溢れるかっこ良さもある、それがまつざか先生なのです。

 美人でスタイルが良くて性格が悪い・・・そんなキャラクターはたくさんいますが、まつざか先生のように、憎めなくて実はとっても優しくて頼もしいキャラクターはあまりいないのではないでしょうか?まつざか先生に幸せが来るのを、これからも楽しみに見守っていきたいです。


【原稿作成時期の都合により、内容や表現が古い場合も御座いますがご了承下さい】


★記者:かおちょこ(キャラペディア公式ライター)

(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK

キャラペディア

この記事が気に入ったらいいね!しよう

魅力をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ