蒼井そら、中国書道オークションをあらためて否定「1000万円で売れた事実はない」

1月22日(水)13時41分 J-CASTニュース

   AV女優の蒼井そら(30)が「直筆の書道作品が高額落札された」という報道を1月22日(2014年)に改めて否定した。昨年(13年)5月、蒼井の書が中国のオークションにかけられ、60万元(約1000万円)で落札されたと報じられたが、蒼井はオークションの存在そのものを否定していた。



   この報道は中国国営の新華社通信やフランスのAFP通信などを通じて世界中に配信された。半年以上たった今も、「ネットの記事を鵜呑みにして、それをソースにまた嘘の記事があがる。ずーっとそれの繰り返し」だと語る。


だからブログちゃんと書こうっと。何度も言うけど私の書が1000万(600万元)で売れたという事実はないんです」

   中国・寧波にある遊園地を訪れた際に手がけた書がオークションにかけられたと報じられていたが、「私はその記事の広告に使われただけ」だといい、「なんだかなー」とぼやいている。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

中国をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ