はるかぜちゃん、ツイッターアカウントを削除 「声優の名前の勘違い」が大炎上

1月22日(木)15時57分 J-CASTニュース

ついにアカウントを削除した春名さん(14年4月編集部撮影)

写真を拡大

   「はるかぜちゃん」ことタレント・春名風花さん(13)のツイッターアカウントが2015年1月22日、「しばらく、お休みします」というツイートを最後に削除された。一体何が起こったのだろうか。

   グーグルのキャッシュページからツイート履歴をたどると、騒動の源が見えてきた。


「周夫さん」を「明夫さん」と間違える




   15日、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」のねずみ男、「美味しんぼ」の海原雄山、「忍たま乱太郎」の山田伝蔵などを演じた声優・大塚周夫さんが亡くなった。


   16日、ファンから大塚さん死去を知らされた春名さんはすぐさま反応、「去年会ったばかりなのに...」などとつぶやいたようだ。


   しかし、実は「去年会った」のは大塚さんの息子にあたる声優・大塚明夫さん。とんだ勘違いをしていたのだ。ファンから「亡くなったのは周夫さん」と指摘を受け、すぐさま謝罪、明夫さんのアカウントへも


「突然の事に驚いてしまい、初動で明夫さんとお父さまを混同したツイートをしてしまいました。心よりお詫び致します。こんな時に本当に申し訳ありません...。ご多忙で大変かと思われますが、どうかご自愛ください」

とメッセージを送っている。


   明夫さんも


「ひさしぶりだね(^-^)そんなこと何も気にしなくていいからね?」

と返信、騒動は収束するかに見えた。


   しかし、一部のツイッターユーザーは黙って見過ごさなかった。


「声優志望なのに知らないなんて可笑しい」

「声優志望としてこれは如何なものか。間違っただけではすまんと思うけど。会ったことあるのにろくに覚えてないなんて」

「あなたの注意不足で他人にものすごく失礼なことをした」

   アニメのアフレコやナレーションの仕事もこなし、一時期ツイッターのプロフィール欄にも「声優志望」と明記していたことが災いしたのか、執拗な批判を受ける。


「声優さんの名前を知らないと声優を目指してはいけない、っていうのは違う」


   春名さんはそれらの批判にも一つ一つ答えていたものの20日のツイートがさらに事態を悪化させてしまった。


「お名前を間違えてしまったことは、本当に反省しています。でも声優さんの名前を知らないと声優を目指してはいけない っていうのは違うとおもいます...。声優の名前に詳しくない人は、お芝居が好きで、何かを演じてみたいって思ってはいけませんか?」

   これが火に油を注ぐ結果となり、13歳の少女へのバッシングのボルテージはますます上昇した。


   春名さんも「ごめんなさい」「すみません」と謝罪を何度も繰り返したが、「人の名前を覚える仕事でもしたらどうです?幼稚園でもできますよ」など人格攻撃に近い批判も相次ぎ、徐々に憔悴。


   22日、ついに冒頭の言葉を残してツイッターを去った。


   これまで度々炎上騒動を引き起こしてきた春名さん。13年、一部のツイッターユーザーの批判を受けた時には母親が登場、「(春名さんが)色々と限界に来ていましたので...」と語り、しばらくの間アカウントの共同管理を行うと宣言した。


   数々の批判に晒されてもアカウント削除はしなかっただけに、ファンの間で心配の声が広がっている。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

炎上をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ