「愛人騒動」の岡田斗司夫氏、ついに入院 月末に予定されていた女性限定イベント中止

1月22日(木)18時23分 J-CASTニュース

謝罪動画を公開した直後に「愛人リスト」が流出

写真を拡大

   若い女性とのキス写真に続いて、「愛人リスト」を書き連ねたツイッターアカウントが流出した、評論家の岡田斗司夫さん(56)をめぐる騒動が収まらない。

   当の本人は心労がたたったのか、2015年1月21日に体調不良を訴え、代表取締役をしている会社から、緊急入院したと発表された。



「気が向いたときに呼び出して抱くだけなので、セフレ」




   騒動の発端は元愛人で「昨日捨てられました」と語る24歳の女性が14年12月31日に自身のフェイスブックに投稿した、岡田氏とのキスプリクラ画像だ。


   岡田氏はニセ写真とし、「自分的には一件落着ずみ〜。初笑い、できたかな?」と疑惑を否定。しかし、別の女性からも暴露が続き、岡田氏は1月9日に 「実は現在、Aさん(編注:プリクラの女性)を含めて彼女さんが9人います」と動画で告白。過去には80人の女性と同時に交際していたと明かした。


   その後、再び謝罪動画を公開した矢先、岡田氏の「愛人リスト」が書かれたツイッターアカウントが流出。そこには


「ニックネーム:芸大2号...●19歳。 分類:気が向いたときに呼び出して抱くだけなので、セフレ」

「ニックネーム:超ファラオ...●(24才) 分類:『お茶してセックス』だけはイヤみたいだけど、あくまで『セフレ』」

「ニックネーム:看護婦...●(27歳) 分類:セフレ以上彼女以下なので、『愛人』」

(編注:実名らしき部分はすべて編集部が伏字)

など、さまざまな女性とのセックスやその評価が列挙されていた。「性欲処理器」「淫乱少女」と侮辱的な表現も目立つ。セックス時における描写は詳細で、記事に書くのははばかられる記述も満載だ。


   中には著名人も含まれているのではないかとうわさが立ち、盛り上がりはピークに達した。うわさされた女性タレントたちはすぐさまツイッターで


「岡田さんも選ぶ権利あるし、私にも選ぶ権利あるし(笑)」

「本人に岡田さんとの関係を確認した処『事実無根』と申していました」

と否定した。しばらくは沈黙していた岡田氏だが、20日ついにブログで釈明。


「今回インターネットに流出している、私と関係をもったとされる女性のリストですが、ほとんどは私が、仕事で会っただけの女性に対する妄想を書いたものです。ほとんどは実在の人物を元にした創作であり、そのような事実もないのに、名前を出されてしまった方々に心からお詫びします」


「もっと頭のいい人だと思ってた」とあきれる声



   リストについて、スタジオジブリが出版する冊子「熱風」編集長の額田久徳さんは「あれは岡田さんと私の2人だけが閲覧可能な業務連絡用のBBSに、2007年ごろ岡田氏が投稿したもの」と説明。当時、岡田氏は小説を書きたいという構想を持っており、「私はその小説のテーマや表現の仕方について相談されていました」と経緯をツイッターに書き込んだ。


   しかし「仕事で会っただけの女性に対する妄想」という岡田氏の説明に納得する人は多くない。


   インタビュアーで書評家の吉田豪さんは「下手すぎる言い訳は、『あえて突っ込まれやすいことを言うのは、こっちに矛先を向けさせて愛人たちを守るためなんや!』的な『いい人戦略』なのかもしれないけど、それでもやっぱり『もっと頭のいい人だと思ってた』の一言だなー」。作家の東浩紀さんは「このひとはいったいどこに行くのだろうか...」と呆れている。自身のイベントに出演してもらったという漫画家の小林よしのりさんは「しかも『道徳』がテーマのときに、ゲストとして呼んだことを深く恥じている」とした。


   作家、コラムニスト竹内義和さんのように「本人よりも、リストに書かれてる人のダメージが気になります。中には僕の知ってる人もいて、その胸中を考えると結構ダウナーになります」と女性側を心配する人も多い。


   なお、現段階で岡田さんの病状、退院時期は明らかにされていないが、31日に都内で予定されていた女性限定イベントは中止が発表された。岡田氏本人から騒動について説明があるのはしばらく先になりそうだ。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

岡田斗司夫をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ