バンダイから日光に当てると絵が浮かび上がるシール付き「つくも鬼譚シールグミ 〜伝説の三神鬼〜」

1月22日(金)11時30分 J-CASTニュース

ストーリーとゲームも楽しめるコレクションシールは全26種類

写真を拡大

バンダイ(東京都台東区)は、シール付きグミ「つくも鬼譚(きたん)シールグミ 〜伝説の三神鬼(さんじんき)〜」を2016年1月25日に全国のスーパー、コンビニエンスストアなどで発売する。

鬼の少年「閃鬼」ら鬼たちと「モモ・タロッサ」らがシール上で物語を展開



鬼の角(つの)をイメージしたデザインのコーラ味トレーグミ(全4種)に、昔話やおとぎ話がテーマのオリジナルキャラクターをプリントしたコレクションシール(全26種)が付属。



好奇心旺盛でアイデア抜群の鬼の少年「閃鬼(ひらめき)」、「絵日鬼(えにっき)」、「炊飯鬼(すいはんき)」などの"鬼たち"と、「人ノ里」から来た謎の少年「モモ・タロッサ」らが、鬼ケ島に眠るという「伝説の三神鬼」をめぐり、シール上で物語を展開する。



日光に当てると絵が浮かび上がる特殊印刷加工を施しており、シールの角に浮かび上がった「角(つの)メーター」(ストライプのカラーゲージ)の数値の強さを競ったバトルや、特定のシールを4種集めると、中心に隠れた宝のイラストが浮かび上がる「4(フォー)メーション」などの遊びを楽しめる。



価格は100円(税別)。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

バンダイをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ