松本人志が角田信朗を突き放した 「共演NGとかいうちっちゃい話ではない」

1月22日(日)12時29分 J-CASTニュース

松本人志さん

写真を拡大

ダウンタウンの松本人志さん(53)が2017年1月22日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演し、格闘家でタレントの角田信朗さん(55)がブログで主張していた「共演NG」の件について初めて言及した。

角田さんは16日のブログで、約10年前にダウンタウンの番組の出演依頼を断ったことが原因となり、松本さんから共演NGにされてしまったと打ち明け、波紋を広げていた。


松本「収録2日前にドタキャン」


番組冒頭、司会の東野幸治さん(49)から話を振られた松本さんは「こんな8年前のカビの生えた話します?」としつつも、「事実はちゃんと言っておかないと」として騒動の発端となった出来事について話し始めた。


松本さんによれば、8年前に「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」(日本テレビ系)の企画で、角田さんにレフェリーを依頼。角田さん側が了承したため、衣装を含めてすべて決めていたのだが、収録2日前になって「ドタキャン」されたという。あまりに直前だったことから代役が見つからず、結局企画は流れてしまった。


これにより出演予定だった多くの芸人にスケジュール等の影響が出てしまったといい、松本さんは、


「正直大問題。僕が怒っているとかのそういうことではなく、番組や吉本(興業)、もっと言えば日本テレビとの問題になる。共演NGとかそういうちっちゃい話ではない」

と指摘した。


角田さんのブログでは、ドタキャンについては特段触れられていない。そのため松本さんは「ご本人は分かっていないのかな。事務所の人に任していたのか」と不思議な様子だった。


8年たってブログで蒸し返しは「ルール違反」


なお、角田さんが「共演NG」だという認識を持つようになったのは、それから約1年後のことだった。ブログによると、久々に「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)から出演依頼が来たため、角田さんはこれを快諾して収録当日を迎えた。ところが収録は急きょ中止。その理由について、マネージャーから「松本さんが台本を見て角田の名前を見つけた途端に収録は中止や!!ということになった」と聞かされたのだという。


松本さんはこの件について東野さんから聞かれると、「それは何かの手違いでオファーしちゃったんです」と説明。


「吉本としても番組としても無理だと(いうことになった)。やっぱりああいうことがあって、この世界のしきたりといいますか。その人と数か月後に笑いながら番組やってたら、他の人たちからしたら『なんやねん』という話になってきますから。だから僕がどうこうじゃない」

と話した。


8年経った今になってブログで発信したことに対しては


「ルール違反なんじゃないかと思います。審判やられる方ですから、ルールは誰よりも分かっていると思う」

と皮肉を織り交ぜて批判。


「これを受け、またブログでっていうのも、正直僕はちょっともう...(やめてほしい)。これはもう会社通してやってほしいかな」

と、これ以上ブログで言及しないよう求めた。


角田さんのブログは21日の更新で止まっている(22日12時25分時点)。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

共演をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ