映画館にこたつシートが登場 支配人「驚かれるか、爆笑されます」と手応え

1月22日(月)14時17分 J-CASTニュース

新所沢レッツシネパーク提供

写真を拡大

釣り見出しでも、フェイクニュースでもない。

埼玉県所沢市にある映画館「新所沢レッツシネパーク」は2018年1月6日から、座席の一部に「こたつシート」を導入した。



2月末ごろまでの期間限定


「私、いや皆さんの夢を叶えるため、ある意味使命感で実施に至りました(笑)」——レッツシネパークの支配人は1月20日、J-CASTトレンド編集部の取材にこう話した。



「どこにもない映画館」をコンセプトとする同館では、座席の差別化に力を入れてきた。16年12月のリニューアルをきっかけに、車椅子席をのぞく328席すべてに大人3人までが座れるフラットタイプのシート(11席)や、革張りのリクライニングチェア(317席)を導入した。



これだけでも新規性にあふれるが、1月6日からはフラットシートにこたつを設置した「こたつ de BOXプレミアムシート」の提供を始めた。2月末ごろまでの期間限定。



きっかけは、支配人のふとした思いつきだ。「『こたつに入ったまま大画面かつ大音量で映画を観れたら最高だ』と気付いたのです」。それからわずか1か月あまりで実現にこぎつけた。



家族連れに人気


最前列に設置されたこたつシートは大人3人までが利用でき、料金は2D上映が4000円、3Dが5500円(いずれも一席単位での購入)。1人での利用も可能だ。



飲食物は、周囲に迷惑がかからないものであれば持ち込みも可。みかんも問題ない。



利用者は家族連れが多く、反応は「大半が驚かれるか、爆笑されます(笑)」と上々のよう。「ご鑑賞後に写真を撮ってSNSで宣伝して下さる方もいらっしゃいますので、非常にありがたい限りです」。

J-CASTニュース

「映画館」をもっと詳しく

「映画館」のニュース

BIGLOBE
トップへ