Kis-My-Ft2 藤ヶ谷と千賀がラジオ番組でファインプレー

1月22日(火)17時35分 ジェイタメ



好調なジャニーズの人気グループKis-My-Ft2が2月6日に23枚目のシングル「君を大好きだ」をリリースする。


北山宏光主演の映画「とらさん〜僕が猫になったワケ〜」の主題歌となるこの曲は、作詞に藤井フミヤ、編曲に亀田誠治を迎え、映画のために書き下ろされたロックバラードだという。


1月16日放送のラジオ「キスマイradio」(文化放送)で、メンバーの千賀健永と藤ヶ谷太輔が新曲をアピール。


「PVも公開されました、全部で11分ぐらいなんだけど、今回はダンスとか踊ってなくて、全編お芝居なんだよね。すごいいい曲で、ネットでは神曲って言われてる」と千賀。一方、藤ヶ谷は「新鮮な感じですよね。藤井フミヤさんに作詞していただいて、ホントいい曲ですよね」と話した、


同番組では、リスナーからの相談に対し、藤ヶ谷から〝神回答〟が飛び出した。


1月16日は藤ヶ谷、千賀が半年ぶりに登場。リスナーからこんな恋愛相談が寄せられた。


「25歳年上の男性とお付き合いをしてるのですが、最近お別れをしてしまいました。いつもなら切り替えて前向きになれるのですが、今までお付き合いした中で一番好きな方だったので、どうしても忘れることができず、前に進むことがすごく難しいです。どうしたら、いい恋だったと前に進むことができますか?」


藤ヶ谷は「ぱっと聞いた感じ、別に前にすすまなくてもいいんじゃないかと思いましたけど」と言い、続けて、こう答えた、「別れたからって、前に進まなきゃって誰が決めたの?って話じゃん。その時間に浸ってて、気づいたら一歩前に進めたかな?って思う時もあるじゃない。それか、自分で踏み出さなきゃなって思うこともあるだろうし。別れたからってすぐに踏み出さなくても立ち止まることも大事よ。進めない時には足は出ないよ、進めるときに足を出せばいい」


この〝神回答〟に千賀も「本当に好きな人だったのなら、そういう時間には浸っているのも大事。無理に進もうとしたら、今までのことを無にしなくちゃいけない気がする」とファンを思いやる回答をした。


さすが好調なキスマイだけに、恋愛相談も見事な回答。ファンクラブ会員数も45万人以上でジャニーズ事務所でも上位の会員数だ。


そして、今年4月からは、テレビ朝日で火曜深夜放送だった「10万円でできるかな」が月曜午後8時の枠へ移動。グループ初のゴールデン進出だ。ますます活躍から目が離せない。(二浦誠)



*画像参照




ジェイタメ

「Kis-My-Ft2」をもっと詳しく

「Kis-My-Ft2」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ