中条あやみ マイブームは銭湯巡り!

1月22日(火)15時23分 ジェイタメ



22日、都内でハーゲンダッツ日本上陸35周年を記念したイベント「ハーゲンダッツ ジャパン35周年&新CM発表会」が開催され、ブランドアンバサダーの中条あやみが登場し、35周年にちなみ、自身が35歳をむかえた時に叶えていたい事を書初めで発表した。



24日から放映される新CMと同じ着物姿で登場した中条、新CM撮影について感想を聞かれ「普段は海外で撮影したりとかして洋風なセットで撮ることが多いんですけど、今回は畳の上で撮影させていただきました。普段お着物を着ることがないので正座を長時間しながらの撮影はすごく足が痺れて大変だったです」と撮影エピソードを語った。



ハーゲンダッツ35周年ということで、「ハーゲンダッツ・中条あやみ35年の歴史、比較年表」が発表されハーゲンダッツと中条の歴史を振り返ることになり、中条の幼いころの写真を想い出話と共に数点公開した。0歳時の中条は「あまり寝なくて、夜泣きがひどくお父さんが夜散歩に連れてって、歌を歌ってくれたみたいです」と明かし、4歳になるとかなりオテンバだったようで「とにかくワンパクだったので、外で男の子のように遊んでいたのでスカートも全然履かないパンツスタイルでスニーカーで、遊ぶ気満々のやんちゃの子供でした」と自身を振り返った。




14歳でデビューしたときのきっかけについては「家族でグアムに旅行しているときに空港でスカウトされて初めてこの世界に入った」と明かした。中条は事務所に入った年にファッション雑誌のモデルデビュー、翌年に女優デビュー、そして2年後には映画初主演など大活躍した。



そして、中条が「35歳をむかえたときに叶えていたい事」をテーマにした書初め「強」がお披露目となった。「強」を書いたい理由について「35歳になったら今よりもっと強い女性になってハーゲンダッツのように長く愛される人でありたいな」と前向きな気持ちを明かした。



囲み取材でマイブームについて聞かれ「銭湯が本当に好きで、実家に帰ると行きつけの銭湯があるので、銭湯行ったり、東京でもいい銭湯探してます」と明かした、レポーターに有名人ですから人が集まりませんか?と心配されたが「いや、普通にバァーと入って、バァっと洗って、バッと出ます(笑)猛スピードで」と報道陣を笑わせた。(ジェイタメ編集部)




ジェイタメ

「中条あやみ」をもっと詳しく

「中条あやみ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ