『2度目の二十歳』チェ・ジウ、7年ぶりのスクリーンカムバック!

1月22日(金)16時48分 KEJNEWS

【22日=KEJ金善花】最近、最終回を迎えたドラマ『2度目の二十歳』で女子大生ハ・ンルアを熱演、視聴者に愛されたチェ・ジウが映画『好きになって』で7年ぶりにスクリーンに帰ってくる。

この作品は、SNSの“いいね!”を押しているうちに好意を抱いてしまったロマンスを描いた映画で、チェ・ジウは器用そうに見えるが、どこか抜けている天然スチュワーデス、ハム・ジュランを演じる。

ジュランは偶然、同居することになったチョン・ソンチャン(キム・ジュヒョク)を警戒していたが、美味しい料理に心を開き、好意を持ってしまう人物。

「特にキャラクターにも溶け込めていた女優だった」というパク・ヒョンジン監督の言葉通りチェ・ジウはジュランそのものになっていた。チェ・ジウが「すべてを放っておいたまま恥じをかいてきた」というセリフは映画の名シーンとなった。

共演したキム・ジュヒョクは「チェ・ジウは実際に天然っぽいところがあり、本当に魅力的で愛らしい」と話した。

映画『好きになって』は2月18日に韓国で公開予定。(写真=CJエンターテインメント)

KEJNEWS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

チェ・ジウをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ