BTS ジョングクのソロ曲「Euphoria」、リリースから1年半経過も世界各国で異例の人気ぶり

1月22日(水)13時12分 KPOP monster

BTSジョングクBTSジョングク

韓国の大人気ボーイズグループBTS(防弾少年団)ジョングクのソロ曲「Euphoria」が、リリースから約1年半を経た今も、世界各地で根強い人気を見せつけている。

【動画】BTS (방탄소년단) ‘Euphoria : Theme of LOVE YOURSELF 起 Wonder’

ジョングクに関するチャートなどのデータを調査し、発信しているファンアカウント(@jeonfolders)によると、インドのiTunesのK-POPソング トップ100で、ジョングクの「Euphoria」が堂々の8位を獲得した。BTSの最新曲「Black Swan」やPSYの「GANGNAM STYLE」、BLACKPINKの「DDU-DU DDU-DU」など、数々の大ヒット曲と共に見事トップ10に名を連ねている。

また同アカウントによると、同曲はナイジェリアのApple MusicのK-POPトラック トップ100でも堂々の6位にランクインしている(1月21日付け)。

さらに、イタリアのエレクトロニック・スター RuhdeのSpofityのプレイリスト「Ruhde’s Favourite」にも、ジョングクの「Euphoria」がリストイン。ラウヴやThe 1975、ザ・チェインスモーカーズ、マーティン・ギャリックスなど、世界的に活躍するアーティストらの楽曲と一緒に追加されている。

加えて、インターナショナルのApple Music playlist「Relationship Goals(理想の関係)」でも、テイラー・スウィフト、ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー、ワン・ダイレクション、マシュメロなど、超豪華アーティストらと共に、ジョングクの曲が韓国の楽曲として唯一リストに名を連ねている。

KPOP monster

「BTS」をもっと詳しく

「BTS」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ