仲里依紗、浮気夫には"入国禁止令"「時差があってほしい」

1月22日(月)15時55分 マイナビニュース

女優の仲里依紗が22日、東京・六本木のテレビ朝日で行われた同局系主演ドラマ『ホリデイラブ』(26日スタート、毎週金曜23:15〜 ※)の制作発表に登場。夫の浮気が発覚したら「入国禁止令にします」と宣言した。

『ホリデイラブ』に主演する仲里依紗

こやまゆかり氏のコミックが原作のこのドラマは、平和な日常を過ごしていた主人公・高森杏寿(仲)が、誰より信じていた夫の浮気が発覚するところからスタート。それでも、夫婦は愛情を再認識し、元の鞘へ収まろうとするが、やり直そうとするたび、夫の浮気相手が愛し合う夫婦をさらなる困難へと陥れていく。

仲は、自身の役柄について、「最初に原作や台本を読んで、完璧な奥さんなのに、なぜ浮気されてしまうんだろうと、心が苦しくなりました」と心境を吐露。「それでも夫のことを信じ、夫婦の再構築のために頑張っていく健気な姿が、いち視聴者になって応援したくなるような主人公だったので、そういう女性をお伝えできるように演じていきたいと思います」と抱負を述べた上で、「今"サレ妻なう"な方の心の拠り所になれたら」と呼びかけた。

会見では、出席者に「パートナーの浮気が発覚したらどのような行動を取るか?」と質問が投げかけられ、仲は「一生会わないであろう国外に行ってほしい」と回答。「時差があってほしい。同じ時間に寝てるんだとか、起きてるんだとか考えるのも、すごく嫌なので」とその真意を語り、「夫を入国禁止令にしますね。私は、日本好きなんで」と厳罰の方針を明かした。

そんな恐ろしい罰を披露した仲だが、会見の最後には大雪の中で集まった報道陣に向けて、「あいさつは短めにしますので、皆さん急いで帰宅されてください。本当にお気をつけてお帰りください(笑)」と、優しく帰路を気づかっていた。

マイナビニュース

「仲里依紗」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「仲里依紗」のニュース

BIGLOBE
トップへ