高橋一生、ゲス極ドラム・さとうほなみと初共演! 花屋で出会う新CM

1月22日(月)4時0分 マイナビニュース

俳優の高橋一生がヘアケアブランド「ディアボーテHIMAWARI」の新CM「出会い編」「拾いもの編」でロックバンド「ゲスの極み乙女。」のドラマーでもあるさとうほなみと初共演し、26日から順次全国で放送されることが22日、発表された。

高橋が演じるのは、真っすぐなサラリーマン・ナオキ。共演するのは今回、高橋一生と初共演となる女優のさとうほなみだ。さとうは音楽バンド・ゲスの極み乙女。のドラムス担当「ほな・いこか」としても活動し、昨年7月期のテレビ朝日系ドラマ『黒革の手帖』で女優デビューしていた。

ストーリーはナオキがヒマワリしか扱わない花屋に辿り着き、店内に足を踏み入れたところ、さとう演じる花屋の店主・ハルカが突然、この花屋の店員として採用することから始まる。「出会い編」「拾いもの編」ともに大人の女性が思わず共感する内面や髪に“ゆがみ”を抱えた女性ハルカと、真っ直ぐな元サラリーマン・ナオキの対比や掛け合いによって、「ゆがんだところも、愛す」という新キャッチコピーを体現するドラマ仕立ての内容となっている。

CMはヒマワリに囲まれた暖かな世界を思い起こさせるが、実は撮影は12月に行われ、待ち時間はベンチコートを着込むほどの寒さだったという。また高橋とさとうは初共演ながら、撮影開始からすぐに息の合った演技を見せ、撮影スタッフを驚かせた。

CM放送に先駆けて22日からWEB限定で「出会い編」90秒バージョンを「ディアボーテHIMAWARI」公式WEBサイトにて先行公開。高橋演じるサラリーマン・ナオキが花屋の店主と出会うまでの経緯を詳しく見ることができる。

マイナビニュース

「共演」をもっと詳しく

「共演」のニュース

BIGLOBE
トップへ