冬ドラマ初回視聴率1位『BG』も『99.9』が2話で逆転! 3・4位も激戦

1月22日(月)10時34分 マイナビニュース

19日にテレビ東京系『特命刑事 カクホの女』(毎週金曜20:00〜)がスタートし、1月スタートのプライムタイムの民放冬ドラマ初回視聴率が出そろった。トップは、15.7%をマークした木村拓哉主演のテレビ朝日系『BG〜身辺警護人〜』(毎週木曜21:00〜)だが、21日に放送された松本潤主演のTBS系『99.9-刑事専門弁護士- SEASON II』(毎週日曜21:00〜)が第2話で18.0%に伸ばしており、デッドヒートの様相を呈している(視聴率の数字は、ビデオリサーチ調べ・関東地区 ※以下同)。
○2018民放冬ドラマ初回視聴率ランキング

『BG〜身辺警護人〜』は、木村演じる島崎章ら丸腰の民間のボディーガードたちの活躍を描くもの。昨年1月クールに放送された木村主演の『A LIFE〜愛しき人〜』の初回(14.2%)を上回るスタートを切った。次回の第2話(2月1日)も、第1話に続き15分拡大で放送される。

続く2位に入った『99.9-刑事専門弁護士- SEASON II』は、初回15.1%の好スタート。こちらも第2話を10分拡大版で放送し、2.9ポイントの大幅増となる18.0%をマークした。これで2話平均16.5%となり、『BG』の第1話を上回っている。

3位は、山田涼介主演の『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』(日本テレビ系、毎週土曜22:00〜)、4位は石原さとみ主演『アンナチュラル』(TBS系、毎週金曜22:00〜)。しかし、第2話で『もみ消して—』が11.1%に下がったのに対し、『アンナチュラル』は13.1%に伸ばしており、ここまで2話平均では『アンナチュラル』が上位に立った。

5位は、吉岡里帆主演の『きみが心に棲みついた』(TBS系、毎週火曜22:00〜)。これで上位5作品中、3作品がTBS制作と強さを見せている。

マイナビニュース

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

BIGLOBE
トップへ