注目ワード稲垣吾郎・草なぎ 綾瀬はるか・奥様は、取り扱い注意 スズキ・リコール ダレノガレ明美・ダイエット 乙武洋匡・いまの俺に仕事なんてない 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

バブルはじけた『K-POP STAR2』ポストパク・ジミン、イ・ハイはいない

Mnet動画1月22日(火)14時18分

「『K-POP SATAR2』にはパク・ジミン、イ・ハイがいない?」

SBS『K-POP STAR2』が前篇ほど大きな波及力を見せられずにいる。画一的なアイドルグループメインの編成でパク・ジミン、イ・ハイのような目立つソロ参加者が誕生できないという指摘がなされている。

20日放送の『K-POP STAR2』では前シーズンに脱落の苦杯をなめたソン・スジンと愉快なステージを見せてくれたパン・イェダムが好評を受けた。しかし画一的なアイドル一色の番組コンセプトに限界を見せたとの評価が相次いでいる。

これは2011年12月初放送されたシーズン1と比較すると確実に現れる。「10代たちが出来るのか」という心配をよそに今までの歌手を凌駕する実力と溢れる才能を持った参加者たちは視聴者たちの目と耳を奪った。

特にイ・ハイのソウルフルボイスとパク・ジミンの爆発的な歌唱力はCNNを通じて再度スポットライトを浴びるほど関心を集めた。

しかし放送2ヶ月目を迎えているシーズン2はシーズン1と同じ破壊力を見せられずにいるとの評価が続いている。『名前だけアップグレードした』と不満の声が聞かれる程だ。

チェ・イェグン、アンドリュー・チェ、ユン・ジュソク、ソン・スジンら実力派が含まれているにはいるが、前篇以上の感動を与えられていない。すでに一通り『K-POP STAR』の衝撃を経験した視聴者たちに『それ以上』のステージを披露できないでいる。

強力な優勝候補として選ばれている悪童ミュージシャンもやはり『脚を組むな』以来限界を見せた。センスある歌詞とメロディーで視聴者に認められたが、20日の放送では酷評を受けた。『脚を組むな』以上の物を見せられなければ『SSK3』の2ヵ月の亜流として留まることが出来るという手厳しい評価が出ている。

『リトルマイケル・ジャクソン』パン・イェダムと『狂った高音』シン・ジフンはずば抜けた声を持っているが、才能と可能性だけで『逆転優勝』を期待するには無理があるとの評価だ。審査委員のヤン・ヒョンソク、パク・ジヨン、BoA(ボア)の絶賛を共感できない視聴者たちの反応はこれに対する反証だ。

ガールズグループに対する番組の執着も度を超えたとの評価だ。制作陣はシーズン1でパク・ジミンが所属するガールズグループ、SPICEを通じて人気と話題性、二兎を得たいい記憶がある。

しかし過去の栄光がむしろ足を引っ張ているようだ。制作陣と各社はSOS(YG)MISS A(JYP)BESTIN(SM)など3チームのガールズグループを通じてもう一度逆転を狙った。しかし下方平準化という冷厳な成績表を受け取らなければならなかった。

ソン・ハエ、イ・ミリムなどが認知度で次のラウンド行きを確定しただけ、『逆転』というオーディションの妙味を生かすのに失敗した。

実際に視聴者掲示板には「参加者の実力、話題性、スター性が不足している。シーズン1が見せてくれた以上を見せられずにいる」「シーズン2のオーディションに集中できない。特別な素材がない」「個性も魅力もちょっと落ちたようだ。シーズン1の時は手に汗握るような醍醐味があった」などの指摘が相次いでいる。

これであと一回の予選を終えれば、本格的な生放送のステージが繰り広げられる。イ・ハイ、パク・ジミンを筆頭に期待を一身に集めたシーズン1もやはり生放送の舞台は期待以下の実力で苛酷な評価を受けた。全体的に下方平準化されたシーズン2の生放送ステージに対して憂慮の声が出るほかはない理由だ。

シーズン2がシーズン1の後光を超えるか、そうでなければ『偉大なる誕生3』と同じ残念な結末に終わるか視聴者の関心が集中している。

写真提供=SBS

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved.

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

Mnet動画
注目ニュース
稲垣吾郎が木村拓哉からの「謝罪」を年内に受ける方向へ まいじつ11月25日(土)19時0分
画/彩賀ゆう(C)まいじつ稲垣吾郎と木村拓哉が、年内に極秘に会うことが明らかになった。かねてより木村は稲垣に謝罪を申し入れており、稲垣もこ…[ 記事全文 ]
ダレノガレ明美、体重67キロ時代からの激変ぶりにスタジオ驚き モデルプレス11月25日(土)13時49分
【ダレノガレ明美/モデルプレス=11月25日】24日放送のテレビ朝日系バラエティ番組「金曜★ロンドンハーツ」(毎週金曜よる9時〜)では、「…[ 記事全文 ]
日馬富士暴行「国際問題化」本当か 朝青龍、日刊スポーツに「嘘書きました」と怒り J-CASTニュース11月25日(土)16時20分
大相撲の横綱・日馬富士(33)が幕内・貴ノ岩(27)に暴行した問題で、元横綱・朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏(37)によるマスコミ…[ 記事全文 ]
乙武洋匡氏が自虐「いまの俺に仕事なんてない」 日刊スポーツ11月25日(土)12時22分
不倫報道で世間を騒がせた作家の乙武洋匡氏(41)が、仕事が激減している状況を明かした。乙武氏は16年3月に不倫を報じられ、約8カ月にわたっ…[ 記事全文 ]
綾瀬はるか「より強くなったし、たくましくなったと思います!」 週刊女性PRIME11月25日(土)12時0分
「今したいこと?スイスかスウェーデンかイタリアに旅行に行きたいです。あとはパリにイギリスに……」ヨーロッパに行きたい?「ニューヨークにも行…[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 稲垣吾郎が木村拓哉からの「謝罪」を年内に受ける方向へまいじつ11月25日(土)19時0分
2 ダレノガレ明美、体重67キロ時代からの激変ぶりにスタジオ驚きモデルプレス11月25日(土)13時49分
3 乙武洋匡氏が自虐「いまの俺に仕事なんてない」日刊スポーツ11月25日(土)12時22分
4 貴乃花親方を日馬富士暴行問題で擁護!?絶縁状態の兄・花田虎上の株が急上昇アサ芸プラス11月24日(金)15時10分
5 日馬富士暴行「国際問題化」本当か 朝青龍、日刊スポーツに「嘘書きました」と怒りJ-CASTニュース11月25日(土)16時20分
6 『コウノドリ』吉田羊の見せた大きな決断「母になる人生、母になれない人生」に大反響 クランクイン!11月25日(土)10時44分
7 欅坂46・渡辺梨加、美バスト解禁ショットに興奮の声! “白石麻衣超え”なるか注目集まるおたぽる11月24日(金)12時0分
8 長澤まさみ、高橋一生とのハグ&山田孝之とのキス連発に嫉妬の声が続々と!おたぽる11月25日(土)12時0分
9 New 綾瀬はるか「より強くなったし、たくましくなったと思います!」週刊女性PRIME11月25日(土)12時0分
10 最後まで見せてぇ!叶姉妹“冬のコミケ”向け大胆写真にファン大興奮アサ芸プラス11月24日(金)5時59分

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア