AKB48峯岸みなみ、吉本実憂とプライベートで交流 初舞台への本音も

1月22日(月)14時54分 モデルプレス

峯岸みなみ、吉本実憂/舞台「三文オペラ」 (C)モデルプレス

写真を拡大

峯岸みなみ吉本実憂/モデルプレス=1月22日】AKB48の峯岸みなみと女優の吉本実憂が22日、横浜市内で行われた舞台『三文オペラ』(KAAT神奈川芸術劇場:1月23日〜2月4日まで、北海道・札幌市教育文化会館大ホール:2月10日に上演)公開フォトコール&囲み取材に、主役を演じる松岡充とともに出席した。

◆舞台「三文オペラ」

松岡が演じる若き盗賊王マクヒィスは色男ゆえ何人もの愛人がいるという役柄で、偶然会った少女ポリー(吉本)に一目惚れし、その日のうちに結婚する。峯岸が扮するのはマクヒィスの愛人の一人であるルーシー。ポリーとは恋敵という関係になる。

フォトコールでは、ルーシーとポリーが鉢合わせしてしまい、マクヒィスを巡って取っ組み合いの喧嘩になるというシーンが公開された。

◆峯岸みなみ、吉本実憂は「舞台ではムカつく」

舞台共演を通じて「仲良くなった」という峯岸と吉本だが、峯岸は「よく連絡をとりますけど、舞台ではムカつく。さすが女優さん」と告白。

さらに「(劇中)で実憂ちゃんに『おばさん』って言われて、こういう年齢になってきたと実感する」とコメントした。

◆峯岸みなみ&吉本実憂、初舞台に本音 松岡充からみた2人は?

また、2人とも舞台初挑戦となるが、吉本は「初舞台でこんな大きなところでやらせていただく。物語が動く原因となる役柄でもあるので、プレッシャーにおしつぶされる」と本音を吐露。

峯岸も「昨日まで頭で考えてきたつもりだったけど思ったようにはいかない。同じくプレッシャーです」と緊張していた。

昨年から2人とともに稽古を重ねてきた松岡は、「吉本さんは普段はガキですよ、申し訳ないけど。14、15歳くらい?だけど、役に入った時に愛が伝わる。すごいよね、さすがこの国で1番の美少女」といい、峯岸については「普段からすごく真面目。周りの人の意見を吸い上げてトライする。すごく努力家」と2人を褒めていた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「峯岸みなみ」をもっと詳しく

「峯岸みなみ」のニュース

BIGLOBE
トップへ