とろサーモン・久保田かずのぶ「上手い返し」のはずが誤解生む

1月22日(月)19時30分 まいじつ


(C)まいじつ



昨年末に放送された『M‐1グランプリ2017』(テレビ朝日系)で優勝したお笑いコンビ『とろサーモン』の久保田かずのぶのツイッターが注目を集めている。


【関連】 M-1決勝最下位「マヂカルラブリー」になぜか仕事殺到 ほか




この投稿は、とあるネットメディアの投稿を引用していて、記事の内容は『KinKi Kids』の堂本剛が自らのラジオ番組でリスナーからM‐1グランプリの感想について聞かれたときの反応が書かれている。



《「拝見させていただきました。オンタイムでは見てませんけど。ボクの印象ですけど、ああいうタイプの種類のネタで、『M-1』って感じが、なんかないんですよね。もちろんおもしろかったですけど」》



このように発言したといい、聞き方によっては批判しているように取れる内容だった。この記事に久保田が乗っかった格好だ。その久保田の投稿には多くの返信が投稿された。



《君ら確かにM-1ぽくないわ。続行!とか言うからK-1ぽいな。》

《こういういろんな方々が見てるところで他から見たら叩いてるようにも見えるような内容をあげるのはいかがなものかと 絡めてるのだろうと思いますが、少なくとも剛くんのファンはあまりいい気分ではありませんよ。》

《直接ラジオ聞いてたなら、批判していない事がわかったはず。他の人が手を加えた文章で判断しない方がいいですよ〜。》



このように久保田に反論するようなコメントが散見される。


また、インターネットの掲示板では久保田に批判的な内容の投稿が目立った。



《器ちっちゃ》

《あっ 消される》

《なぜスルー出来ないのか》

《正直痛い》

《もう村本枠は村本で満席やぞ》




ファンからは 「嫌味な感じになっちゃってるのが残念」


だが、とろサーモンと堂本剛はテレビ番組で共演した経験があり、堂本剛はとろサーモンのネタで爆笑したこともあった。それ以来、交流関係にあるそうだ。そして、堂本剛は以前『堂本剛の正直しんどい』というテレビ番組をにレギュラー出演していて、久保田はその番組タイトルに引っ掛けた返しをしただけだったようだ。


これに気付いたファンからは、次のような投稿があった。



《おいおいおいw 久保田のいい返しに気づいてない奴おるやんけw勘弁してくれよ》

《「正直しんどい」にかけたのは分かるけど、それでも嫌味な感じになっちゃってるのが残念です。顔が見えてニュアンスが伝わる状態で言うならいいと思うけど、ツイッターでこんなふうに書いちゃうとキツく感じるから、久保田さんが無駄に嫌われそうでイヤだな。》

《正直しんどいを出してくれるのは嬉しいですが、ネット記事のせいで言葉の意味が誤って伝わることが悲しいです。「君のお笑い出来ますよ感も正直しんどい」剛くんが久保田さんを応援していても、久保田さんは剛くんをそう思ってる。たとえこの言葉に愛があったとしてもそれは伝わらないですね。》

《「正直しんどい」にかけてくれるのはとても有難いことだと思います ですが、そのような言い方だとアンチされますよ〜》

《『正直しんどい』を知らない世代も多いんだろうなぁと思う。》



うまい返しをしても伝わらないのは、芸人としては悲しいところだろう。



まいじつ

「久保田かずのぶ」をもっと詳しく

「久保田かずのぶ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ