ライオネル・リッチーの息子、“空港爆破”発言

1月22日(火)0時3分 ナリナリドットコム

ライオネル・リッチーの息子で、モデルのマイルズ・ブロックマン・リッチー(24歳)が、英ロンドンのヒースロー空港で爆破発言をしたことにより、警察から警告処分を受けた。

フライトへの搭乗を拒否されたマイルズは1月19日、搭乗できなければ手持ちの爆弾を爆破すると発言し、その場に居合わせた警備員一人を殴ったため警察が呼ばれる騒ぎとなったと米ゴシップサイト・TMZは報じている。

警察は今回の事件に関し、「1月19日、ヒースロー空港のターミナル5で、24歳男性が偽りの爆破発言及び暴行により警告処分を受けました」と声明を出した。

警告処分とは、当事者が自らの行動を認めたものの、逮捕を免れた状態を意味するが、昨年同じくロンドン近郊のガトウィック空港で、飛行機に乗り遅れそうになった男が、爆破発言で飛行機を遅らせようとして懲役10か月の有罪判決を受けているため、マイルズが今回逮捕されていた場合には刑務所入りとなっていた可能性もある。

今回の事件に関して、マイルズとライオネル側は未だコメントを出していない。

ナリナリドットコム

「息子」をもっと詳しく

「息子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ