SMAP騒動裏側 メリー氏は工藤静香にとって母のような存在

1月22日(金)16時0分 NEWSポストセブン

工藤静香にとってメリー氏は恩人だった

写真を拡大

 解散・独立騒動に揺れるSMAP。“育ての親”と言われる女性マネジャー・I氏とともにジャニーズ事務所からの独立を模索していた中居正広(43才)、稲垣吾郎(42才)、草なぎ剛(41才)、香取慎吾(38才)の4人に対し、唯一の妻帯者である木村拓哉(43才)は事務所残留を決めていた。結果的に、5人の足並みが揃わなかったがために、SMAPの独立は失敗に終わったというわけだ。


 そして、木村を事務所に残るように説得したのが妻・工藤静香(45才)だという。独立後の仕事がうまくいかなったらどうするのか──。2人の娘を持つ工藤は家族の将来を考えて、残留の希望したのだ。メンバー5人の中で唯一の既婚者である木村と4人の立場は大いに異なる。


 そもそも、アイドルである木村にとって、芸能人との恋愛は御法度。しかも、恋多き女として知られる工藤が相手となると反対する意見も多かった。特に反対していたのが、I氏だという。しかし、工藤はジャニーズ事務所副社長・メリー喜多川氏(89才)にかけあったという。


「木村さんとの交際、結婚にあたって、静香さんはメリーさんに許しを請うたんです。どうしてもふたりのことを認めてもらいたい一心だったんでしょう。まめにメリーさんに連絡をとって、挨拶を続けたようです。当初はメリーさんも静香さんとの交際には反対していたんですが、徐々にその態度も軟化していきました。


 メリーさんは情に厚いかたなので、一度メンバーの家族として受け入れたら、徹底的に守ります。静香さんのマスコミ対策や、産後の仕事復帰も後押ししました。静香さんにとって、メリーさんは“母”のような存在になっていったのです。でも静香さんとIさんの距離が縮まることはありませんでした」(芸能関係者)


 それまでは木村との交際を人前でアピールすることもあった工藤だが、結婚してからは、そのようなこともなくなり、テレビで夫について話すことも自粛した。



「ママ友とのランチ会でも、夫のことは絶対にしゃべらないそうです。変われば変わるものですが、いつもメリーさんの存在があったのでしょう」(スポーツ紙記者)


 結婚を境に、木村とI氏、木村と4人のメンバーの関係は変わった。


「まず家族ありきの木村さんと、何よりも『SMAP』という他のみんなとの間に溝ができていった」(前出・芸能関係者)


 そして結婚15周年を迎えた昨年早々、メリー氏とI氏、ひいてはSMAPとの確執が表面化した。『週刊文春』(2015年1月29日号)に掲載されたメリー氏のインタビューでメリー氏はI氏やSMAPについてこんな発言をしたのだった。


《うちの娘とIが争うなら私はIに『出て行け』というしかない。(中略)対立するならSMAPを連れて今日から出て行ってもらう》

《SMAPは踊れないじゃないですか。うちの子はある程度踊らなきゃしょうがないでしょう》


 この報道以降、メリー氏とI氏の関係は悪化。「踊れない」発言は中居をはじめとするSMAPメンバーにも波紋を広げた。


「静香さんからすれば、木村さんとIさんの絆もわかるけれど、メリーさんを裏切るわけには絶対にいかない。難しい立場だったと思います。それに静香さんは木村さんが他のメンバーとうまくいっていないことを気にしていました。“彼ももう43才。SMAPを卒業して新たな挑戦をしてもいいのかも…”と。娘にとっても静香さんにとっても、SMAPの家族である不自由さから解放されたいという気持ちもあったのかもしれません」(静香の知人)


 そして木村は1人、ジャニーズ事務所に留まる決意をした。


※女性セブン2016年2月4日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

SMAPをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ