解散報道で木村拓哉自宅前にファン集結「祈りを捧げに来た」

1月22日(金)7時0分 NEWSポストセブン

木村拓哉豪邸前には騒動以来ファンが集結

写真を拡大

 SMAPの解散報道にファンたちも動揺を隠せない──。要塞のようなダークグレーの大豪邸の前で、4人組の女性は歩みを止めた。ある者はじっと家を眺め、ある者は祈るように手を合わせる。


「ここに来てもどうこうなるわけじゃないけど、いても立ってもいられなくて…」

「すべては彼にかかってるんでしょう? “みんなをまた結びつけてください”って、祈りを捧げに来ました」


 そう話す彼女たちはみな、木村拓哉(43才)のファンだった。都心の一等地に建つ木村の自宅前では、解散報道の出た1月13日以降、こうした光景が日常と化している。


「彼の自宅はファンの間では有名ですからね。地方ナンバーの車なんかも来てます。みんな何をするわけでもなく、しばらく自宅を眺めては帰って行くんです」(近隣住人)


 静まり返る自宅を前に、女性たちもきびすを返す。


「(工藤)静香さん、今、どういう思いなんだろう…」


 去り際に、そんな声が聞こえた。


※女性セブン2016年2月4日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

報道をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ