タモリの「友達なんかいらない」に橋田寿賀子が共感する理由

1月22日(日)7時0分 NEWSポストセブン

友達を減らしていっているというタモリに共感の声広がる

写真を拡大

「私には友達がいない」——そう話すのは、作家の橋田壽賀子さん(91才)。本誌・女性セブンでもお伝えしてきたが、夫と死に別れ、子供も親戚もいない橋田さんは安楽死を熱望している。多くの同級生はすでに鬼籍に入り、今や心を残したり、残されたりする友達もいないから、認知症になったら安楽死で逝きたいというのだ。


「だからタモリさん(71才)がおっしゃることはよくわかるんです。もう友達はいりません」


 橋田さんが賛同を示したのは、タモリの『SMAP×SMAP』(フジテレビ系。12月19日放送)での発言だ。


「友達なんかいらないって。(だから)どんどん友達減らしていってるの。切ってくの」


 メンバーを前にそう淡々と話したタモリに、「救われた」「本当にわかる。友達は少なくていい」と、共感の声が広がっている。


「“友達を切る”って言葉には、ぼくなんかはドキッとしてしまうんです」


 そう話すのは、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授の前野隆司さん。前野さんは脳・ロボット学者として、認知科学や心理学を活用して人間の幸福のメカニズムを研究している。それによれば、友達の数が多い人ほど幸せということがわかっているという。


「ここでいう友達は、“多様である”ことが条件。職業、年齢、性格、国籍…自分とは違う種類の友達を持っている人の方が、そうでない人よりも幸せということがわかりました。いつも同じ人とつるんで過干渉になっていくよりも、たまに会うくらいの友達がたくさんいた方がいいということですね」


 女性セブンが行った男女300人緊急アンケートで、不要な友達との関係を切るかどうかについて尋ねたところ、賛成はわずか17%だった。


 50才の主婦・田辺慶子さん(仮名)も、ため息交じりに「切りたくても切れない」と言う。


「高校の同級生A子とは、姉妹って呼ばれるほど仲がよくて、結婚後も家族ぐるみでつきあっていたんです。それが子供の大学受験を機に変わってしまいました。わが家の長女は奇跡的に現役で第一志望の大学に合格したけど、A子の三男は優秀だったのに不合格で…。そこからですね。みんなで集まった時とか、まるで私が存在してないみたいに、聞こえないふり、見ないふりをされるようになって。でも、子供も夫も相変わらず仲がいいから、関係を絶ちたくてもそうできないんです…」



 1年生になったら友達100人できるかな、と幼い頃に歌ったあの曲のように、友達は多い方がいいに決まっている−−誰もが、そう思って生きて来たはずだ。友達がいないと孤独だし、そもそも友達が少ない人はどこか人間として欠陥があるかのように思われるのではないか、そんな思いにとらわれてきた人もいるかもしれない。


 超高齢社会のなかで、他者とのつながりが認知症予防にもなるとの研究もあり、そうした考えは一層強固なものになっている。そんななか、なぜタモリの言葉に賛同の声が相次ぐのか。橋田さんは、タモリの言葉に共感する理由をこう明かす。


「しんどいですもん。心にもないことを言わなきゃならない友達ばっかりで、ほんとの友達がいないから。みんなお義理です。これで仕事をしなくなったら誰も私のところなんか来ませんよ。裏切られるのがわかってるから、最初から深くつきあわないの」


 でも、ちょっと待ってほしい。橋田さんといえば、固い絆で結ばれた泉ピン子(69才)がいるはず。『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)をはじめ、橋田ドラマには必ず顔を出すばかりか、プライベートでも橋田さんと同じ熱海に居を移し、世界一周の船旅に同行するほどの間柄だ。


 橋田さんが89才の時に「ママはもう90なんだから」と終活をすすめたのも彼女だし、佐藤愛子さんの『九十歳。何がめでたい』をプレゼントしたのもピン子。そんな彼女でさえ友達ではない、というのだろうか。


「ピン子は全くもって仕事上のおつきあいです。もしものときも、見送ってもらうつもりなんか全然ありません」


 橋田さんはそうばっさり切り捨てた。しかし少しだけ寂しい表情を浮かべながら、こうも続けた。


「不幸だといえば不幸かもしれませんねぇ。“あんなにいっぱい、いい友達が周りにいるのに、誰も信用してないなんて、なんて不幸で嫌な人間なんだ”と言われても仕方ありません。でも、本当にありがたいとは思いますけど、他人には全く期待はしてないんです」


※女性セブン2017年2月2日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

友達をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ