石田ゆり子や田中美佐子の中古写真集が高値安定の理由

1月22日(日)7時0分 NEWSポストセブン

「写真集の聖地」といわれる荒魂書店

写真を拡大

 アイドル写真集のコレクターなら知らぬ者はいない伝説の古書店・荒魂書店(あらたましょてん)が東京・神田神保町にある。古書市場でもめったにお目にかかれない写真集が並ぶ店内は、まさに宝の山。「写真集の聖地」の秘密に迫った。


「写真集の値付けは、肌の露出度、商品の状態、希少性を軸に行ないます」


 こう話す3代目店長・鎌田俊一氏(41)に、写真集の在庫1万点の中の高額商品を聞いた。知名度の低い頃に露出のある写真集を出し、それ以降セクシーショットを封印しているタレントは、必然的に上位にランクインする。


 代表例は、1990年代にミリオンヒットを連発したZARDの坂井泉水だ。本名の蒲池幸子でレースクイーンとして活躍していた1990年に出版された『NOCTURNE』は、現在の店頭価格がなんと19万円。


「髪の毛で胸を隠すなどセミヌードのカットが多く、90年代後半には10万円で仕入れて、20万円以上の値を付けてもすぐ売れました。一時期、落ち着きましたが、2007年の死去後、再高騰しました。写真集の紙質が良くなく、綺麗な状態を保っている写真集はさらに稀少。アーティストとして神格化されているので、ファンは帯付きの完璧に近いコンディションを求める傾向がある。お客さんのこだわりも価値に影響を与えます」(鎌田氏・以下「」内同)


 デビュー直後の石田ゆり子、3年目の田中美佐子、23歳の紺野美沙子の色っぽい写真集も高値で安定している。


「3人ともずっと良いイメージのまま、現在も一線で活躍している。それも、値崩れしない大きな理由の一つです。石田さんの作品は、背表紙がピンク色で色やけしているものが多く、状態の良い本はかなり貴重です」


 人気タレントの数少ない妖艶なカットがお宝度を高める一方で、1970年のデビューからわずか1年半の間に7作も映画主演を務め、何度もヌードを披露した関根恵子、1975年の『かまきり夫人の告白』以降、幾度となく肉体を晒してくれた五月みどりにも高値が付いている。


「関根さんの『PICTORIAL』は、大阪万博のポスターなどを手掛けた操上和美さんの撮影で、アート的にも評価が高い。写真家の名前で高値が付く側面もあります。熟女ブームの先駆けである五月さんは今もその層に根強い人気です」


※週刊ポスト2017年1月27日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石田ゆり子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ