沖縄名護市長選の争点 「中国からパンダ招致」の思惑

1月22日(月)16時0分 NEWSポストセブン

沖縄に笹はあるのか(Biosphoto)

写真を拡大

 無風状態の永田町とは対照的に沖縄が燃えている。名護市長選(2月4日投開票)が、国政選挙並みの盛り上がりを見せているのだ。現職で3期目を目指す稲嶺進氏(72)と保守系市議の渡具知武豊氏(56)による一騎打ちだが、渡具知氏を支援する自民党は昨年末から菅義偉・官房長官や二階俊博・幹事長ら大物が続々と名護入り。1月28日の告示後は小泉進次郎氏が街頭に立つ予定だ。


 人口わずか6万2000人あまりの街の市長選に、大物議員を投入する理由は、名護市に米軍普天間飛行場の移設先として工事が進む辺野古地区があるからだ。安倍晋三首相は移設計画に反対する稲嶺氏を市長から引きずり下ろし、今年11月に予定されている沖縄県知事選挙にも勝利して普天間問題に決着をつけようと躍起だ。


 これを迎え撃つ稲嶺氏は今月8日に政策発表会見を開いたのだが、ここでサプライズが起きた。県と連携し、市内の自然公園にパンダを招致すると言い出したのだ。


「自民党は沖縄と縁もゆかりもない、集客力があるだけの“客寄せパンダ”の進次郎氏らを投入してきた。それに対抗して本物のパンダを用意した、ということ(笑い)。これは冗談ではない。稲嶺氏がその後の会見で『実現性はかなり高い。非常に大きなインパクトを与えることができる』と語ったように、本人は本気です」(稲嶺氏陣営関係者)


 パンダは国内では上野動物園の他、和歌山県と神戸市の動物園でしか飼育されていない。名護市に来るようなことがあれば話題性は抜群だ。しかし、なぜそんな話をぶち上げたのだろう。沖縄県庁関係者が明かす。


「選挙が迫ってきた昨年11月に沖縄県を管轄する在福岡中国総領事館サイドから、翁長雄志知事の有力後援者に『パンダを沖縄に寄贈したい』と打診があったそうです。無論、中国がパンダの提供を持ちかける背後には、米軍再編計画を妨害したいという思惑があるのでしょう。親中派と批判されることを気にする翁長氏は当初この話に乗り気ではありませんでしたが、盟友の稲嶺氏が追い上げられていると伝えられ、公約に盛り込ませたと聞いています」


 稲嶺氏は後援会を通して、「(パンダ招致について)中長期的経営改善計画の策定にも着手したところで、沖縄県と連携して取り組んでいきます」と答えた。にわかに安倍官邸と中国の代理戦争の様相を帯びてきた名護市長選。パンダの行方は気になるところである。


※週刊ポスト2018年2月2日号

NEWSポストセブン

「市長選」をもっと詳しく

「市長選」のニュース

BIGLOBE
トップへ