純烈元メンバー不祥事でLiLiCoの悲痛、ウオッチャーが抱く懸念

1月22日(火)16時0分 NEWSポストセブン

純烈元メンバーの不祥事でショックを受けているというLiLiCo

写真を拡大

 元メンバー友井雄亮氏の脱退により、4人体制となった音楽グループ・純烈。昨年のNHK紅白歌合戦に出場し、幸せの絶頂から突き落とされた形になったが、今回の件に相当なショックを受けているのがメンバー・小田井涼平の妻でタレント&映画コメンテーターのLiLiCoだ。


 LiLiCoは純烈の紅白出場を心から喜んでいた。11月15日、出場が決定した後のブログでは「涙涙の1日だった 純烈を応援してくれているみんなへ 本当に心の底からありがとうございます」と述べていた。LiLiCoが紅白歌合戦そのものについてブログで触れたのは8年ぶりのこと。以後「紅白」という言葉が出たことはあったものの、あくまでも「女性の心を持った男性」と一緒にLiLiCoが12月30日に行う「桃色歌合戦」は「紅白に対抗して行うもの」という文脈で登場した。


 それだけ本家の紅白についての言及は少なかったが、決定以後は4回言及するなど、2018年の紅白は特別なものになった。そんな中の不祥事発覚なだけに、LiLiCoは1月12日に更新したブログで痛恨の胸の内を明かした。


 被害者を慮るコメントから書き出したブログでは友井氏が行った会見にがっかりしたことに加え、「残念。ずっと心が痛い」「全てが辛い」と述べた。また、LiLiCoの仕事関係者が純烈を応援してくれ、優しい言葉をかけてくれたにもかかわらず裏切る結果になったことに心を痛めているという。


 そして「純烈のメンバーにはわたしの家族がいます。4人をこれからも微力ながら支えていきます」という宣言でブログは終わっているが、以後ブログの更新は途絶えている。


 この14年以上LiLiCoも執筆するアメブロウオッチを続けているネットニュース編集者の中川淳一郎氏も、LiLiCoのことを心配する。


「LiLiCoさんのブログは常に陽気な雰囲気が漂っています。ハロウィンの仮装でボウリングのピンになった様子を報告したり、小田井さんと夫婦でサプライズ合戦をしたり、小田井さんからの誕生日プレゼントにテンションが上がったことなど、ユーモラスだったりポジティブな内容のものが多い。


 更新も月間30〜50本ほどで、それなりに多いのにパッタリと止まってしまった。過去に悲しいことがあったりした時にブログの更新を止めてしまう人はいたのですが、いずれは復活する。LiLiCoさんについては一つ勝手ながら心配があります」


 その心配とはブログのコメント欄だという。コメント欄で炎上したり悪口を書かれることを懸念しているのかといえばそうではない。中川氏が続ける。


「アメブロの場合は、コメント欄をつけるかつけないかは各著名人が選択することができます。そして、運営が裏でチェックをしているため、ネガティブなものや誹謗中傷は表示されないようになっている。だから、悲しさのあまり更新をストップした人もコメント欄を見て勇気づけられたりし、再び書く意欲が出てくることもあります。


 最近でも小林麻耶さんと國光吟さん夫妻がコメント欄の人々と積極的に交流しているほか、鈴木おさむさんは必ずブログの最後で読者に質問を投げかけ、次々と意見が書き込まれます。これを受けて次のブログ更新で鈴木さんは意見を述べるスタイルになっています。しかし、LiLiCoさんの場合はコメント欄がないため、一つの“癒し”の場所がない状態です」

 

 一方、純烈の公式ブログだが、18日に10日ぶりに更新を再開し、20日にリーダーの酒井一圭は「夢の紅白初出場から類を見ない転落劇である。(このくらいは自分たちでネタにするのはご容赦頂きたい)」と書き出し、自虐的に友井氏の一連の騒動を書けるまでになった。

NEWSポストセブン

「純烈」をもっと詳しく

「純烈」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ