ミス日本GPに輝いた東大理III女子 体脂肪4%減らして栄冠

1月22日(火)7時0分 NEWSポストセブン

ミス日本グランプリに輝いた東大生、度會亜衣子さんの美BODY

写真を拡大

 外見の美しさだけでなく、内面の美や行動力も審査対象に加え、“日本女性の美の最高位”を選出する「ミス日本コンテスト2019」が、1月21日に都内ホテルで開催された。


 応募総数は2354名。その中から地区大会を勝ち抜いたファイナリスト13名が決戦の舞台に立ち、着物・ドレス・水着姿を披露しながら自己PRを行った。


 今年は、偶然にも似たプロフィールを持つ女性同士の“ライバル対決”が早くから注目されていた。元宝塚男役vs元海外バレエ団員、学生キャスター対決、現役薬剤師対決、そして東京大学前期教養学部理科3類(理III)の高学歴女子対決だ。さて、結果は──。


 最高峰のミス日本グランプリに輝いたのは、東大理IIIの2年生、度會亜衣子さん(21)。「とにかく新しいことに挑戦するのが好き」と話す度會さんは、医学の勉強のみならず、大学に入ってからフランス語を習得したり、“カナヅチ”だった水泳を始めて400m泳ぎ切るまで上達したりと、まさに努力家タイプ。


「広く社会のことを勉強できると思ったから」と応募したミス日本でも、食事制限やダイエットに励み、体脂肪を4%減らすなどベストなプロポーションで本選に挑んだ結果、見事に栄冠をつかんだ。なんと、今年からグランプリ以外の各賞に加わった「ミススポーツ」とのW受賞に、彼女自身も驚きの表情を浮かべていた。


 もうひとりの東大理III女子、高橋梨子さん(20)もミス日本「海の日」に選ばれ、「まさか先輩の度會さんと一緒に受賞できるなんて思ってもいませんでした」と満面の笑み。これまで2人は学年やキャンパスの場所も違うため、ミス日本の勉強会でしか会わなかったというが、「晴れて2人で食事に行く約束をしました」(高橋さん)と嬉しそうに話した。


 学生キャスター対決も揃って受賞。慶応大学法学部4年で日本テレビへの就職が決まっている谷桃子さん(22)は「水の天使」と「ミス着物」のW受賞。スポーツキャスターを目指し、在籍する青山学院大学では箱根駅伝の選手インタビューも行う西尾菜々美さん(21)は「準ミス日本」に輝いた。


 さらに、元宝塚の星組男役で活躍した藤本麗華さん(26)が「緑の女神」に選出。元海外バレエ団員や現役薬剤師の2人は残念ながらミスの称号を得ることができなかった。


 平成最後の年に美の栄冠を手にした女性たち──。新しい時代にどんな活躍をしてくれるのか、楽しみだ。


●撮影/渡辺利博

NEWSポストセブン

「ミス」をもっと詳しく

「ミス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ