ジェニファー・アニストンが語った。失読症、子作り、ブラピとの関係についてまで。

1月22日(木)20時55分 Techinsight

赤裸々告白が話題のジェニファー・アニストン(画像はinstagram.com/hollywoodreporterより)

写真を拡大


俳優ブラッド・ピット(51)との離婚を経て、現在は同じく俳優のジャスティン・セロー(43)と婚約中の女優ジェニファー・アニストン(45)。あと数週間で46歳の誕生日を迎えるジェニファーが人気誌インタビューに応じ、ファンの誰もが気になる様々な事柄に触れ胸中を明かした。

このほど『ハリウッド・リポーター』誌インタビューを受けたジェニファー・アニストンは、家族関係や元夫ブラッド・ピットとの関係、今後などについて告白した。その発言のいくつかをご紹介したい。

■不仲を知られる母との関係
「母は批判の多い人だった。私に対しても、ひどく批判的だったの。」
「母は容赦のないタイプ。恨みを抱く人で、それを私はつまらないことと感じていたのよ。」

■ブラッド・ピットとの今の関係
「毎日連絡しあっているわけじゃない。でもお互いの幸運を祈っているわ。どちらかが悪いことをしたわけではないの、私の言っている意味が分かるでしょう?」
「つまり、そういうこと(※不倫や破局)は起こるってこと。」

■失読症を克服すべく努力
「失読症を患っていると分かったのは、メガネをつくるために処方箋を書いてもらいに行ったからなの。」
「そこで検査を受けて、3つしか答えられなかった。文章を読む目の動きをコンピュータで追ったら、4単語飛ばしては2単語分視線が戻ることが発覚して。それに斜視の傾向もあったわ。だから写真を撮影するたびに修正が必要だったのよ。」

■挙式と子作りについて
「日取りは決めていないの。決めていてもバラさないけどね。」
「子作りの話題は、もう出尽くしたでしょ。そういう話題は私、ナーバスになるの。とても個人的なことだから。ずっと欲しいと思ってきたけど、子供ができるかなんて誰にも分からない。私たちは最善を尽くしているのよ。」

来月には46歳になるジェニファーだが、女優ハル・ベリー(48)も2013年に子供を産んでおり、40代後半での出産も決して不可能ではない。ジャスティン・セローとの婚約成立から、今年で3年。今年こそは妻となり、妊娠の夢をも叶えるか。

※画像は、『Instagram hollywoodreporter』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ジェニファー・アニストンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ