リンジー・ローハン、蚊に刺されチクングニア熱にかかる。

1月22日(木)14時15分 Techinsight

リンジー・ローハン、蚊が原因で病気に感染(画像はinstagram.com/lindsaylohanより)

写真を拡大


楽しい海外バカンスの最中に、蚊に刺された米女優リンジー・ローハン(28)。それが原因で体調不良を起こしたリンジーが、英ロンドンの病院にて治療を受けていたことが分かった。

フランス領ポリネシアのソシエテ諸島にある美しいボラボラ島を訪れ、楽しく豪華な休暇を満喫したリンジー・ローハン。しかし新年を目前に控え、リンジーは体調不良を訴え歩行すら困難な状態に。急遽病院に向かい、そこでチクングニア熱に感染したものと診断されたという。

ちなみにこのチクングニア熱は、ネッタイシマカやヒトスジシマカなどによって媒介されるウイルス性の病気。感染すると高熱や関節痛、全身疲労といった諸症状が出るといい、場合によっては関節痛が数年続くこともあるそうだ。

リンジーはボラボラ島滞在中に蚊に刺されたらしく、一部メディアは「リンジーが高熱と酷い関節痛で入院中」と報道。しかし芸能情報サイト『Gossip Cop』によると、現時点では入院していないという。

この病気に対するこれといった治療法は無いものの、対症療法にて症状の回復が期待でき致死率は低い。若ければ若いほど回復も早いといい、リンジーもTwitterを頻繁に更新するなどしており、意外にも元気そうだ。

※画像は、『Instagram lindsaylohan』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

蚊をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ