『左江内氏』の息子“もや夫”役が好演 「福くんの弟かと思った」の声も

1月22日(日)18時22分 Techinsight

島崎遥香と横山歩(出典:https://twitter.com/paruruchan0330)

写真を拡大

ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』で堤真一が務める主人公・左江内英雄の息子・もや夫を演じる子役が注目を集めている。ツイッターでは幼い頃の鈴木福くんを思わせる好演に「福くんにそっくりだから弟かと思った」というつぶやきが飛び交い「似すぎじゃん!?」と驚く人が少なくない。

1月14日から日本テレビ系で始まったドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』は第1話で左江内家の長女・はね子(島崎遥香)がフィーチャーされたが、1月21日放送の第2話はその弟・もや夫が通う小学校の合唱コンクールが舞台の1つとなった。夫をあごで使い、昼寝ばかりしている鬼嫁と評判の左江内円子(小泉今日子)だが、子どもには愛情を注ぎ学校に怒鳴り込むほどの行動力がある意外な一面も分かる。

一方、堤真一演じる左江内氏がスーパーマンとなって行きたがらない息子を連れて学校に出向く場面もあった。クラスの生徒を前に土下座して「パパは悪くないのにいつも謝っている。それは納得いかないが、悪いことを謝れないのはもっとカッコ悪い」と息子を諭すのだ。第1話では娘と父が本音で語り合い、今回は息子に本音をさらけ出す。その感動場面を生かすには子役の演技も重要だ。

もや夫役の横山歩くんはドラマの設定と同じ8歳である。2014年放送のNHK朝ドラ『花子とアン』では主人公・村岡花子(吉高由里子)と夫・村岡英治(鈴木亮平)の息子・村岡歩役を務めた。他にも数々のドラマや映画、CMと活躍する期待の子役だ。


今回、担任の先生役を演じた女優・川面千晶は『川面千晶(chankawamo)ツイッター』にて「横山歩くんにメロメロな撮影でした」とツイートしており、撮影現場でもアイドル的な存在なのだろう。そんな彼の演じるもや夫が、母役の小泉今日子や姉役の島崎遥香とともに何を巻き起こすのか今後の展開から目が離せない。

出典:https://twitter.com/paruruchan0330
出典:https://twitter.com/chankawamo
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ドラマをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ