セバスチャン・スタン主演『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』日本版予告編&ポスター公開 ─ サミュエル・L・ジャクソンら豪華共演

1月22日(金)8時0分 THE RIVER

ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実

『アベンジャーズ』『キャプテン・アメリカ』シリーズのセバスチャン・スタンによる初主演映画ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実が2021年3月5日(金)に公開される。ウィリアム・ハート、クリストファー・プラマー、サミュエル・L・ジャクソンら豪華キャストが結集した本作より、このたび日本版オリジナル予告編&ポスターが到着した。

1966年4月、ベトナム戦争で多くの兵士たちの命を救うために命を捧げた空軍兵がいた。彼の名は、ウィリアム・H・ピッツェンバーガー。英雄として讃えられるはずの彼だったが、なぜか30年にもわたり名誉勲章は却下され続けていた。ペンタゴン空軍省に勤めるエリート官僚スコット・ハフマン(セバスチャン・スタン)は、退役軍人のタリー(ウィリアム・ハート)から依頼を受けたことをきっかけに、ピッツェンバーガーへの名誉勲章授与に関する調査を行うことになる。

公開された予告編は、ベトナム戦争の熾烈な戦場にて、パラレスキュー員のピッツェンバーガーがヘリから降下する場面で幕を開ける。タリーはハフマンに、名誉勲章の授与は「彼が受けるべき栄誉」だと訴えた。「ベトナム戦争の中でも最も過酷な作戦だった」という証言、戦死者の墓標の前でうなだれる元陸軍兵のビリー・トコダ(サミュエル・L・ジャクソン)、息子の名誉を願う父フランク(クリストファー・プラマー)、そして「おとり作戦だった」と戦場を振り返る元軍人のモントーヤ(エド・ハリス)。帰還兵ジミー・バー(ピーター・フォンダ)は「俺は裏切られたんだ!」と目に涙を浮かべて叫ぶのだった。やがて巨大な陰謀が見え隠れし始め、ビリーは「アメリカ兵が味方を殺した」と重い口を開く……。

出演者はセバスチャン・スタン、クリストファー・プラマー、ウィリアム・ハート、サミュエル・L・ジャクソン、エド・ハリスというそうそうたる顔ぶれ。2019年8月にこの世を去った名優ピーター・フォンダは、遺作となった本作で、ベトナム戦争により重度のPTSDを抱えた男を見事に体現した。そのほか、『ファンタスティック・ビースト』シリーズのアリソン・スドルが主人公ハフマンの妻を、『戦火の馬』(2011)のジェレミー・アーヴァインがピッツェンバーガーを演じる。脚本・監督は、リドリー・スコット監督作『白い嵐』(1996)を執筆したトッド・ロビンソン。

ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実© 2019 LFM DISTRIBUTION, LLC

映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』は2021年3月5日(金)全国ロードショー

『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』公式サイト

THE RIVER

「主演」をもっと詳しく

「主演」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ