『ピーターラビット2』『ゴーストバスターズ/アフターライフ』『アンチャーテッド』『シンデレラ』すべて米公開延期

1月22日(金)12時6分 THE RIVER

ハリウッドは、2021年上半期は映画の公開には早いと見ているようだ。米ユニバーサルが『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開を2021年4月から10月へと延期発表した同日、米ソニー・ピクチャーズも主要作品の延期をアナウンスしている。米Deadlineが伝えた。

『ピーターラビット』の続編ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』は、2021年4月2日から同年6月11日へと延期になった。同作は当初2020年4月の公開を予定していたが、8月、2021年1月、4月と延期を繰り返していた。

ゴーストバスターズ/アフターライフ』は、2021年6月11日予定から11月11日へと延期に。こちらも何度かの延期を繰り返しており、当初は2020年7月の予定だったが、2021年3月へ、そして6月へと移っていた。

トム・ホランドとマーク・ウォールバーグ出演で人気ゲームを実写化するアンチャーテッド(原題:Uncharted)』も、2021年7月16日から大きく動いて2022年2月11日へ延期と発表されている。当初の予定は2020年12月18日だったが、2021年3月5日へ、いちど10月へ延期されたのち、7月へと繰り上げられていた。

人気歌手のカミラ・カベロ主演で名作ストーリーを改めて実写映画化する『シンデレラ(原題:Cinderella)』は、2021年2月5日から7月16日へ。『アンチャーテッド』の空きにセットされた格好だ。

主に、春〜初夏の予定作が動いた形となっている。新型コロナウイルスの状況次第では、この延期日程でも安心できないのが難しいところだ。

Source:Deadline

THE RIVER

「延期」をもっと詳しく

「延期」のニュース

「延期」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ