長澤まさみと仲野太賀が役所広司にインタビュー 『すばらしき世界』プレミアイベント

1月22日(金)6時58分 エンタメOVO

(左から)役所広司、仲野太賀、長澤まさみ

写真を拡大

 映画『すばらしき世界』プレミアイベントが21日、東京都内で行われ、出演者の役所広司、仲野太賀、長澤まさみと西川美和監督が登壇した。

 本作は、直木賞作家・佐木隆三のノンフィクション小説『身分帳』を原案に映画化。

 下町の片隅で暮らす、短気だが真っすぐで優しい三上(役所)。だが、彼は人生の大半を刑務所で過ごした元殺人犯だった。そんな三上に、テレビマンの津乃田(仲野)と吉澤(長澤)が、番組のネタにしようとすり寄ってくる。

 劇中の設定にちなみ、この日は、仲野と長澤が役所に“インタビュー”を実施した。

 仲野が「ぶっちゃけ、仲野太賀はどうでした?」と質問すると、役所は「彼は映画小僧ですね。映画が大好き。なかなか素晴らしい俳優さんだと思います」と答えた。

 さらに、「あの人は愛されキャラ。なかなかやる。かわいがられるタイプの人間を普段から演じています」と続けた。これを聞いた仲野は「ずる賢いタイプですね」と笑いながら、「本人、相当喜んでいると思います」と照れ笑いを浮かべた。

 長澤も「そこに便乗させてもらって、長澤まさみはどうですかね?」と質問。役所から「きれいですよ。あの人は、ものすごくきれいです」と褒められると、「ありがとうございます」とうれしそうにほほ笑んだ。

 2人との共演について聞かれた長澤は「とても緊張しました。私は撮影日数が数日だったというのもあるし、割とドライで鋭い役柄だったので、その緊張感に負けないようにしなきゃと思ったら、余計に緊張して、必死に取り組んだのですが、あまり記憶がないというか…。でも、ちょっとした合間に3人でお話することができて、とても楽しかった記憶があります」と振り返った。

 映画は2月11日から公開。

エンタメOVO

「長澤まさみ」をもっと詳しく

「長澤まさみ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ