SMAPに事務所への感謝を強要する古舘伊知郎に「結局は経営側の味方かよ」

1月23日(土)9時58分 アサ芸プラス

 社会的な注目を浴びたSMAPの公開生謝罪。その裏番組となった「報道ステーション」(テレビ朝日系)では、キャスターの古舘伊知郎が、「タレントっていうのは事務所あってのタレントですから」とジャニーズ事務所寄りのコメントを口にしていたのである。

 古舘は続けて、「事務所に対して再度、感謝の念を抱くのも当然です」と発言。これに対して視聴者からは「つまり社畜でいろってことか!?」「そんなにジャニーズ事務所が怖いの?」などと批判が噴出した。この発言について、テレビ誌のライターは古舘にとっては当然なコメントだと指摘する。

「かつてはテレ朝の社員アナウンサーだった古舘も、今では自分の名前を冠した制作会社の古舘プロジェクトを率いる立場。同社はヨネスケや松尾貴史、篠原ともえらが所属する芸能事務所でもあり、古舘はジャニー喜多川社長やメリー喜多川副社長らと同じ側に立っているわけです。それゆえSMAPに対しても、所属タレントが勝手なことをしでかして、その責任を取らされているという視点で見ている可能性が高いですね」

 ちなみに「報道ステーション」は制作自体を古舘プロジェクトが担当しており、番組内での古舘はいわば王様の立場だ。そんな王様から見れば、家来の謀反を戒めているくらいに感じても不思議はないのかもしれない。

 だが、そんな古舘の態度に週刊誌の記者は異を唱える。

「古舘は日頃から大きな権力や既得権益に反対するコメントを繰り返しています。SMAPの件にしても、これが芸能界ではなく一般企業の経営者と社員の争いだったら、絶対に社員側に立っていたことでしょう。でも、いざ芸能界の話となると、まるで徒弟奉公のような仕組みに疑問の声をあげるわけでもなく、古くさい考え方に凝り固まっていることを露呈した形ですね」

 そんな古舘はSMAPの件についても、自分が芸能事務所の経営者側だということを明らかにしてからコメントすべきだったのではないだろうか。

(金田麻有)

アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

事務所をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ