49歳社長と熱愛発覚!阿部桃子にのしかかる「阿部家の鬼ルール」

1月23日(火)10時14分 アサジョ

 1月19日発売の写真誌「フライデー」が、17年度「ミス・ユニバース」日本代表の阿部桃子の熱愛疑惑を報じた。

 記事によると、お相手は千葉県内にある不動産販売会社社長。桃子の所属事務所の経営者でもあり、「ミス・ユニバース」の千葉大会事務局では要職に就いていたという。23歳の桃子より2回り以上年上の49歳というのも驚きだ。阿部は彼にベッタリなようで、クリスマスや年末年始も一緒。同誌では都内の高層マンションで2人が一夜を過ごしたことも報道している。

 桃子の父親は朝の情報番組「スッキリ」でリポーターを務める阿部祐二。母親はかつて美人プロゴルファーとして活躍した阿部まさ子だ。愛娘が26歳も年上の男性とマンションで一泊したとすれば、桃子の両親も気が気ではないだろう。

「昨年10月の『週刊朝日』で、“鬼嫁”とも称されるまさ子が祐二に課した厳しいルールが紹介されています。飲みに行くときは1週間前に申告、基本外泊はせず家に帰る、というものでした。当然、娘に対しても同じような“鬼ルール”を出しているはずなので、両親の怒りは相当なものでしょう」(エンタメ誌記者)

 17年8月30日に放送された「ナカイの窓」(日本テレビ系)に桃子と祐二は揃って出演。そのとき桃子は実家に住んでいて、門限は23時だということを明かしている。

「おそらく今も実家暮らしでしょう。さすがにK氏の所に泊まるとは言えなかったはずなので、何らかの口実をつくって外泊したと考えられます」(前出・エンタメ誌記者)

「ナカイの窓」では「彼氏は家に連れて来い」と桃子に話していることを明かした祐二。果たして桃子は、今回の「事件」をスッキリ弁明することができるのか。

(石田英明)

アサジョ

「熱愛」をもっと詳しく

「熱愛」のニュース

BIGLOBE
トップへ