松本人志との確執騒動を角田信朗が謝罪 「軽率な行為を行ってしまい、弁明の余地もありません」

1月23日(月)18時36分 BIGLOBEニュース編集部

画像は角田信朗オフィシャルブログ スクリーンショット

写真を拡大

格闘家でタレントの角田信朗が23日、お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志との共演NG騒動について自身のブログで謝罪した。


角田は、松本と共演NGになっていると告白したことについて、「私自身の思慮に欠ける突然の発信で、松本人志氏、そして関係各位の皆様に、大変不愉快な思いをさせてしまった事を、心よりお詫び申し上げます」と謝罪。角田側が一旦番組の出演オファーを受けたにも関わらず、「ドタキャン」したことを認めた。それにも関わらず、「こちら側が被害にあったかのような表現をしてしまった事は、全くもって私の不徳の致すところ」と重ねて詫びた。


また、8年経過しブログで一方的に発信したことについても、「恥じるべき自己中心的な行動」だったと猛省。自身の発言が波紋を広げてしまい「慚愧に堪えません」と綴った。特に今も共演できない理由を、松本が腹を立てているとしていたことについて、「私と松本氏の個人間の話では到底無かった事柄だったにもかかわらず、名指しでブログ記事に書くという軽率な行為を行ってしまい、弁明の余地もありません」としている。


角田は以前ダウンタウンの番組に多く出演していたが、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の出演依頼を辞退したことがきっかけで松本と共演NGが続いているとブログで告白していた。松本は22日放送のテレビ番組「ワイドナショー」で角田の告白に言及。当初角田側は出演を許諾、衣装合わせてや打ち合わせも行っていたにも関わらず、収録2日前に「ドタキャン」。それによって企画が飛んでしまい、松本個人の問題ではなく、日本テレビや吉本との問題だったと説明していた。

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

松本人志をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ