【シネマカフェ的海外ドラマvol.359】「ザ・クラウン」「ナイト・マネジャー」…GG賞テレビ部門を振り返り

1月23日(月)20時0分 シネマカフェ

作品賞:「ザ・クラウン」キャスト&スタッフ/第74回ゴールデン・グローブ賞

写真を拡大

1月8日(現地時間)に行われた第74回ゴールデン・グローブ賞授賞式。『ラ・ラ・ランド』が7冠を独占した映画の部だけでなく、テレビの部にも様々なドラマがありました。そこで、今回はテレビの部に関連した要注目ポイントをいくつかご紹介したいと思います。

1. 1月20日からアメリカ合衆国はジョフリーの国に?
「ジョフリーが生きていたらどうなるかな? 12日後にわかるね」。これは司会のジミー・ファロンが冒頭のトーク中に放った一言。1月8日の12日後と言えば、新大統領の就任日。この日は様々なトランプ・ジョークを飛ばしたジミーですが、彼の言う「ジョフリー」とは「ゲーム・オブ・スローンズ」に登場する若き暴君のこと。幼稚で残忍なジョフリーに絡めたジョークは、「ゲーム・オブ・スローンズ」視聴者をニヤリと(あるいはゾッと)させるものでした。このジョークが「?」だった人は、ぜひ「ゲーム・オブ・スローンズ」を! 「ああ、なるほど」と思えますから。

2. ビリー・ボブ・ソーントン、2度目のスピーチは…?
ドラマ部門男優賞は、「弁護士ビリー・マクブライド」のビリー・ボブ・ソーントンが受賞。彼の受賞は、2015年度の「FARGO/ファーゴ」に続き2度目。そのときの受賞スピーチは、「発言がトラブルを招く恐ろしさを僕は知っているから、“ありがとう!”とだけ言わせてもらいます」という短くスマートなものでした。気になる今回は、「『ベター・コール・ソール』のボブ・オデンカークに勝ったぞ! まいったか! …冗談です。ボブ、大好きです」というこれまた楽しいもの。「MR.ROBOT/ミスター・ロボット」のラミ・マレックが有力視されていたドラマ部門男優賞ですが、ビリー・ボブの面白スピーチを聞きたい人も多かったゆえの結果? …冗談です。ビリー・ボブ、大好きです。

3. ゴールデン・グローブ賞は「ナイト・マネジャー」がお好き
リミテッドシリーズ/TVムービー部門の男優賞(トム・ヒドルストン)、全部門共通の助演男優賞(ヒュー・ローリー)、助演女優賞(オリビア・コールマン)を受賞した「ナイト・マネジャー」。『ラ・ラ・ランド』がゴールデン・グローブ賞に最も愛された映画なら、最も愛されたドラマは「ナイト・マネジャー」。ただし、少し残念だったのは、テレビの部に監督賞がないこと。トムもヒューも受賞スピーチで感謝した相手は、監督のスザンネ・ビアでした。実際、彼女は6エピソード全てを監督しましたから、監督としての彼女を評価する部門もあってほしいところ。大勢の映画監督たちがドラマの演出を手掛けるようになったいま、もし監督賞があったら、候補者の顔触れはゴールデン・グローブ賞らしく華やかなものになる気がします。

4. 何と言っても、「ザ・クラウン」! 「ザ・クラウン」!
ドラマ部門の作品賞と女優賞は、「ザ・クラウン」が受賞! 新シリーズをいち早く評価しようとする姿勢のゴールデン・グローブ賞だけに、納得の結果です。ドラマ部門作品賞のほかの候補作も、「ゲーム・オブ・スローンズ」以外は全て新ドラマ。その中でも、「ザ・クラウン」のクオリティには目を見張るものがありました。女優賞の受賞スピーチでは、クレア・フォイ(ブロンドの髪だと、印象が激変!)が会場に来られなかった共演者マット・スミスにも感謝。本当に、来ればよかったのに…。エリザベス女王と夫フィリップの物語は、2人で紡いでいるからこその見応えでしたから。シーズン2も楽しみです。

さて、私は職業柄“オススメ”を聞かれることも多いのですが、「観るべき新ドラマを知りたい」というときはゴールデン・グローブ賞のノミネーションを参考にするのも1つの手だと思います。しかも、いまやストリーミングサービスやBS・CS局のおかげで、日本上陸済みの候補作品が以前よりも格段に増えていますから。気になる作品の多くを観られる状況も、海外ドラマファンには嬉しいものですね。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

テレビをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ