神木隆之介演じる桐山零と人々の“物語”が動き出す…『3月のライオン』新場面写真

1月23日(月)7時0分 シネマカフェ

『3月のライオン』(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

写真を拡大

羽海野チカ原作の国民的人気コミックを、連載10年を迎える年に神木隆之介主演で映画化する『3月のライオン』。このほど、神木さんが演じる主人公の17歳のプロ棋士・桐山零と、彼をめぐる周囲の人々との物語を生き生きと想起させる新たな場面写真が、一挙に解禁となった。

中学生でプロ棋士としてデビューした桐山零は、東京の下町にひとりで暮らしている。幼いころに交通事故で両親と妹を失い、父の友人である棋士の幸田に引き取られたが、ある事情から幸田家を出るしかなかった。深い孤独を抱えてすがりつくように将棋を指し続けていたある日、零は近隣の町に住む川本家の3姉妹と出会い、彼女たちとのにぎやかな食卓に居場所を見出していくが…。

家も家族も居場所も何もなく、深い孤独を抱えてすがるように将棋に打ち込んでいた、17歳のプロ棋士・桐山零。本作は、桐山零と彼をめぐる人々が、愛を求めて迷い、ためらい、ひるみながらも、それぞれの闘いへと突き進む姿が描かれていく。

今回、解禁された場面写真は全5点。零が何かを決したかのように凛とした表情で真っすぐと前を向く対局中の姿をはじめ、東京の街を全力で駆ける姿も切り取られている。また、川本家の3姉妹(倉科カナ、清原果耶、新津ちせ)とのあたたかな食卓シーン、二海堂晴信(染谷将太)が見守る中、島田開(佐々木蔵之介)と研鑽を積む島田の自宅での研究会シーン、確執ある義姉の香子(有村架純)と彼女とつかず離れずの関係を続ける後藤正宗(伊藤英明)と零が対峙する緊迫のシーンで、彼らとの物語の行方が気になるものばかり。

メガホンをとった大友啓史監督は、「どこへ向かって、どんなふうに生きていけばいいのだろうかと悩む桐山零は、誰もが自分の青春期を思い浮かべたときに、自己投影できる主人公だと思います」とコメント、「いままさに家族や学校のこと、自分の居場所や人との付き合い方に悩んでいる若い世代にとっては、口に出せない想いや衝動を共有できるのではないでしょうか」と、本作に込めた思いを明かしている。

桐山零が将棋を通じた彼らとのかかわり合いの中で成長する姿に、誰もが共感・共鳴する作品となりそうだ。

『3月のライオン』は「前編」2017年3月18日(土)より、「後編」4月22日(土)より全国にて2部作連続公開。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

神木隆之介をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ