『君の名は。』、『ハウル』抜いて韓国で歴代日本映画第1位!

1月23日(月)17時45分 シネマカフェ

『君の名は。』(C) 2016「君の名は。」製作委員会

写真を拡大

日本国内のみならず世界で注目を集め大ヒットとなっている、新海誠監督最新作『君の名は。』。この度、本作が韓国での日本映画歴代観客動員第1位となったことが明らかになった。

社会現象にもなっている日本国内では、昨年の公開から150日間で観客動員1,815万人、興行収入235億円(1月22日現在)を突破。アジア圏では週末映画ランキングで6冠(日本、台湾、香港、タイ、中国、韓国)を達成し、中国・タイ・台湾では現地で公開された日本映画として歴代興収の新記録を樹立した。

そして、1月4日より公開を迎えた韓国でも、今回日本映画歴代観客動員の新記録を樹立! これまでの記録だった『ハウルの動く城』の動員301万人(興収約14億円)を抜き、22日までの公開19日間で動員3,052,179人(興収約23.9億円)を超え新記録。すでに『ハウルの動く城』以降、韓国で公開された日本映画として13年ぶりの初登場第1位作品となっていた本作だが、今回観客総動員でも新たな記録樹立となった。

『君の名は。』は全国にて公開中。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

日本をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ