2月発売のスピンオフ新作『グランブルーファンタジー ヴァーサス』OP映像が公開。ジャンル未経験者向け「RPGモード」も収録した対戦格闘アクション

1月23日(木)16時47分 電ファミニコゲーマー

 Cygamesは1月23日(木)、アークシステムワークスと共同開発したPlayStation 4用ソフト『グランブルーファンタジー ヴァーサス』のオープニングムービーを公開した。本作は2月6日(木)に発売される予定だ。

(画像はYouTube『Granblue Fantasy: Versus PV#12 「オープニングムービー」』より)

 『グランブルーファンタジー ヴァーサス』は、Cygamesが2014年から運営しているMMORPG『グランブルーファンタジー』における、家庭用ゲーム機向けの対戦アクションRPGだ。なお、本作は家庭用ゲーム機向けタイトルの第2弾にあたり、第1弾のPlayStation 4用アクションRPG『GRANBLUE FANTASY Relink』は発売日未定のまま、開発が続いている。

 共同開発を行ったアークシステムワークスは、『GUILTY GEAR(ギルティギア)』シリーズや『BLAZBLUE(ブレイブルー)』シリーズなどの対戦格闘ゲームを制作しており、今作を2000万人以上のユーザー数を持つ『グランブルーファンタジー』の名に恥じぬ作品に仕上げている。

 『グランブルーファンタジー ヴァーサス』では格闘ゲームに慣れていないプレイヤーでもゲームを楽しめるよう、すべての必殺技をワンボタンで発動できる。また、そもそも格闘ゲームに触れたことがないという人向けにも、ストーリーや育成要素、オンラインで協力してのボスバトルなどのコンテンツを盛り込んだ「RPGモード」を搭載。アクションRPGとしての楽しみ方も用意されている。

 本作には、購入特典として『グランブルーファンタジー』の連動用プロダクトコードが封入されている。入力することで、SSレア武器のレベル上限を上昇させる「ヒヒイロカネ」など、4種類のアイテムからひとつを受け取れるほか、「RPGモード」をクリアすることで、ガチャなどに用いるゲーム内通貨の「宝晶石」5000個や、キャラクターの見た目を買える特別な「ジョブスキン」を入手可能だ。

(画像は『グランブルーファンタジー ヴァーサス』公式サイトより)

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。

電ファミニコゲーマー

「グランブルーファンタジー」をもっと詳しく

「グランブルーファンタジー」のニュース

「グランブルーファンタジー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ