沢尻エリカ、高城氏と離婚へ 涙ながらに明かした「活動再開」

1月23日(日)19時36分 J-CASTニュース

   女優の沢尻エリカさんが、2011年1月23日、夫・高城剛氏との離婚に向け話が進んでおり、芸能活動を日本で再開する方針を会見で明らかにした。高城氏とは、「仲直り(復縁)して海外で同居再開」との報道も出ていた。



   沢尻さんはこの日、都内で行われた「たかの友梨エステティック・シンデレラ大会」最終選考会にプレゼンターとして出席。出席には事前申込と「質疑応答の時間はなし」などの取材条件への合意が必要だった。報道によると、イベント後の「現状報告会」で、夫婦関係について「3か月間協議した結果、離婚について意思合意しました。現在最終調整しています」と説明した。


「迷惑をかけた方におわびしたい」

   今後については、生活の拠点をスペインに置きながら日本国内で芸能活動をしていきたいとした。「迷惑をかけた方におわびしたい」と涙ながらに謝罪。「復帰は簡単なことではないと分かっているが、信頼を回復させたい」とも語った。


   日本でのマネージメント契約については、「エイベックスと交渉中」という報道もでているが、「私が言う立場には私はない。運命に身を任せたい」と述べるに留まったようだ。


   沢尻さんは、10年12月にスペインで高城氏と同居していると報じられ、「復縁」したという見方も強まっていた。しかし、11年1月中旬に突如単身で帰国。フジテレビ系情報番組「Mr.サンデー」の取材に対し、「(スペインで)新しいところ(部屋)借ります。独りで」と話し、「復縁」説に疑問も出ていた。


   沢尻さん側が取材に際し、度々「条件」をつけるなどし、報道陣とギクシャクした面もあったが、1月21日には沢尻さんは手作りのハート型チョコを「ご迷惑をおかけしているので…」と報道陣に配るなどしていた。中には「報道陣メロメロ」との見出しで報じるスポーツ紙もあった。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

活動再開をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ