ついこの間、平昌五輪の選考会に出てたのに... スピードスケート住吉都さん30歳の死去に悼む声

1月23日(火)15時59分 J-CASTニュース

住吉都さん(画像は日本オリンピック委員会(JOC)公式サイトから)

写真を拡大

スピードスケート女子の住吉都さんが2018年1月20日に長野市の自宅で亡くなった。30歳だった。所属のローソンが23日、明かした。死因などは公表されていない。

住吉さんは14年ソチ五輪2種目に出場。短距離のエース・小平奈緒選手(31)とは大学時代の同級生だった。



「えっ!?なんで???」



北海道釧路市出身、1987年3月生まれ。ソチ五輪では500メートルで14位、1000メートルで22位だった。17年12月の平昌五輪代表選考会にも出場したが、代表には入れなった。



信州大学時代は小平選手と同級生で、ソチ五輪はともに出場している。また、現在のローソンには13年6月から所属していた。



先月まで競技に出場していた五輪選手の早すぎる死に、ツイッター上ではどよめきが広がった。元陸上400メートルハードルの為末大さんも23日、住吉さんの訃報記事をツイッターでシェア。ほか多くのユーザーがコメントを投稿している。



「嘘やろ!?ついこの間までレースに出てたやん...」

「えっ!?なんで???衝撃やねんけど。」

「ソチ五輪代表って、まだ4年経ってないのに・・・」

「住吉都さんが亡くなったと聞いて....ただただ言葉もない。1回か2回話したことあるかないかくらいだけど、やっぱり同じスポーツやってて同じ大学入った身としては悲しい」

「ご冥福をお祈りします ひっそり応援してた選手です。悲しい」

J-CASTニュース

「スピードスケート」をもっと詳しく

「スピードスケート」のニュース

BIGLOBE
トップへ